頭髪に落ちてきた液体

後輩の話。

大学のサークルで、山歩きをしていた時のこと。
休憩中腰を下ろしていると、「あーっ!」と注意の声が後ろから掛けられた。

何だ?と振り返ると、頭髪の上にピシャッと何か落ちてきた。
手をやってみると樹液か何かの汁のようだ。

タオルを出して拭いていると、先輩が一人駆け寄ってくる。
間に合わなかったか、とでも言うような雰囲気。

先輩:「・・・ありゃ仲間内で、ハゲの木って呼ばれてる。あれが出す液を被ると、まず外れなく禿げるんだとさ」

先輩は、何とも微妙な表情で、彼の顔を見つめたという。
多分彼も、微妙な表情で先輩を見返したのだと思う。

場の空気が厭な感じに変わっていたらしい。
周りを見回したが、どれがハゲの木なのか、彼には全然わからなかった。

彼は大学を卒業後、私と同じ会社に就職した。
二人で他社に出向くと、いつも彼の方が上司扱いされていたのは、私が童顔な所為もあるだろうが、彼の見事な頭とそれにマッチした顔が一番の原因だった筈と固く信じている。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!