日々、神様に見られている

深夜、がらがらの電車で帰宅した時の事。

ふと気付くとドア前の床に何やらカラフルな物が。
「なんだろう?」と拾い上げてみたらそれは赤い錦のお守りでした。
紐がちぎれ、幾つか靴跡がついてしまってました。

踏まれるままにしておいては畏れ多いような気がして、吊り革の横に結び付けていたその時です。

「うむ、良い事をする。感心感心」

私の背後から、とてもほがらかなお爺さんの声が、はっきりと聞こえました。

びっくりして振り返っても誰も居ません。
遠くの座席で居眠りするOLが一人居るだけ。

あれは何だったんでしょう・・・・・・。
神様?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!