とんでもなく巨大なもの

知り合いの話。

子供の頃、実家の山でおかしな物を見たという。
棚田の側で遊んでいると、目の前の畦道で何かのたうっていた。
大きくて太目の蛇だった。
青大将だろうか。
逃れようと必死でもがくが、奮闘空しくズルズルと田の中に引き込まれていく。

何が蛇を襲っているんだろうと、移動して正面から覗き込んでみた。
稲が作る列の間に、大きな頭が見えた。

蛙だ。
しかし生半可な大きさではない。

パクッパクッと口を開け閉めする度、確実に蛇体を呑み込んでいく。
あっという間に蛇を腹に納めると、蛙は泥の中に沈んだ。

思わず落ちていた棒で辺りの泥を探ったが、何も手当たりがない。
あれだけの巨体、見逃す筈はないのに。

夕食時、お祖父さんに見たことを話すと次のように教えてくれた。

「儂らはタオヤジって呼んどるな。言わばあそこの主みたいなモンだよ。うん?いンや、神様ってほどありがたいモンでもないな。まぁ精々がモッケ(妖怪)ってところかの。」

それからも度々そこに行ったが、再びタオヤジを見ることはなかったそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!