普通の犬の倍ほど

友人の話。

彼の育った山村には、一風変わった神社があった。
一見ごく小さな普通の社なのだが、おかしな言い伝えがあるのだと。

「御犬様が境内を散策される時、側に近よってはならない」

御犬様が一体どんな犬であるのかは、伝えられてはいないそうだが。

彼は小学生に入ったばかりの頃に、御犬様を見たことがあるという。
その日、いつものように社に遊びに行くと、大きな黒い犬が地面を嗅ぎ回っているのが遠目に見えた。

特別な犬だとは思わず近づいて行ったのだが、参道の途中で足が止まってしまう。
面を上げた犬の両目は、普通の犬の倍ほどもあったのだ。

『あぁ、さてはこれが御犬様なんだな。』

なぜかそう思えて、その場で足を返して帰ったのだという。

他にも御犬様を見た者は、何人かいたらしい。
人によって、その姿は少しずつ違っていた。

ある者は前足が異様に大きかったと言い、また別の者は尻尾が身体と同じくらいあったと言う。
どれもどこかしら真っ当な姿ではない。

しかし目撃者たちは皆、自分が見たものは御犬様に違いないと信じていたそうだ。

時たま里帰りした折に、親戚の子供達が“神社に出る奇形の犬”の話をしていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!