携帯おばけ

友人の話。

ある山深い所にある、親戚の別荘に遊びに行った時のこと。
急な用事が出来て、知り合いに連絡しないといけなくなった。
携帯電話をウッドテラスに置きっ放しにしていたことを思い出し、取りに行く。

テラスまで来て、頭を悩ませることになった。
確かに記憶通りの場所に携帯は置いてあったのだが、なぜかそこにはまったく同じ機種が二つもあったのだ。
色デザインまで同一だ。
これを使っているのは、家族中でも私だけだった筈だけど。
それに、傷の付き具合とかが瓜二つに見えるのも不可解だった。

近い方を手に取って見る。
あれ、画面が表示されていないや。

しかし通話口からは何かしらの音声が聞こえている。
耳元へ持っていき「もしもし?どなた?」と誰何してみた。

返事はない。

いきなり耳朶に痛みが走った。
何かに噛まれたかのような鋭い痛み。
慌てて携帯をテラスに投げ出し、耳を押さえる。
大した傷ではないが、少し血が出ていた。

・・・と次の瞬間、投げ棄てられた携帯に異変が生じた。
黒い刺だらけの細い脚が何本も生え出して、驚くほど素早く走り出したのだ。
何をする間もなく、携帯?は森の中へサササッと消え去った。

自分の見た物が信じられず、残された方の電話を恐る恐る手に取ってみた。
そちらは間違いなく、使い慣れた自分自身の携帯電話だったという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!