狸か何かの轢死体だった

知り合いの話。

山中の道路で、舗装改修の仕事をしていた時のこと。
アスファルトにカッター入れの線を打っていると、行く手の道上に”何か”見えた。
黒い染みの真ん中に、汚れた毛皮と真っ赤な物がぶち撒けられている。
狸か何かの轢死体だった。

可哀想に・・・。
掃除しておかないとな・・・。

そう思いながら車に戻る。
しばらくして火箸と土嚢袋を手に帰ってきた彼は、思わず目を疑った。
道上の死体が、烏のそれにすり替わっていたのだ。
辺りには黒い羽根が散らばっている。

鳥じゃなくて四足の生き物だと思ったんだが、見間違えたか?
そんな筈はないがなぁ・・・。

不審がっていると、携帯電話に着信があった。
仕事の電話だ。

二、三分ほど段取りの打ち合わせをして、通話を終える。

携帯を収めて顔を上げると、再び目を疑う羽目になった。

カラスの死体が消えて無くなっている。
道に残されているのは羽根ばかり。
ただ、死体のあった場所から道路脇の草叢へと、濡れた黒い筋が続いていた。

知り合い:「それで考えたんだけどな。死体に化けて、死肉を食べに来る動物を狙うってモノが居たりするんじゃないか・・・ってね」

彼は私にそう言った後、「ま、全部俺の勘違いだったってことも、十分あり得る話だけどな」と、そう付け加えて苦笑いした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!