オブサリ

知り合いの話。

彼の地元の山森には、変わった言い伝えがある。
横倒しになった木の下を、潜って通ってはいけないというのだ。
そういう倒木には物の怪が棲み付いていて、下を潜った者の背に飛び移ると言われている。

物の怪の姿は目に見えず、いつ背に乗られたのかもわからない。
ただ足を進める毎にどんどん身体が重くなるので、それと知れるそうだ。

重さに挫けず森を抜けると、諦めて背から離れてくれるので助かる。
しかし、暗い森の中でへたり込んでしまうと、二度と腰を上げることは適わず、一歩も動けないままそこで息絶えてしまうのだと。

地元ではオブサリと呼んでいたという。
それほど深くもない森なのに、なぜか遭難者が多いのは、このオブサリの所為だと皆が信じていた。

誰か他の者の手助けがあれば、オブサリはすぐに退散するらしい。

「森に入る時は一人では入らんようにな」という祖父の注意を、彼は今も覚えているそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!