ゴム長靴が一足落ちていた

同級生の話。

彼は学生時代にフィールドワークをしていた山里で、何度か奇妙な体験をしたのだという。

朝一で雪野原に踏み込むと、外れの方にゴム長靴が一足落ちていた。
誰かが揃えて置いたかのように、きちんと上を向いて立っている。
そのまま気にも留めず、雪上で作業に取り掛かった。

しばらく経ってから手を休め、大きく伸びをしながら辺りを見回す。

「あれ?」

どこかおかしい。
記憶にある景色と何かが違う。

「あ!!!」

・・・足跡だ。

一体いつ刻まれたのか、彼のいる反対側、まだ誰も足を踏み入れていない筈の雪面に、足跡が一列残されていた。

野原を半分くらい横切った辺りで、足跡は途切れている。
丁度そこに、先ほど見かけた黒い長靴があった。
ポツンと半ば雪に埋もれて。

不意に幻視に襲われた。
空っぽの長靴だけが、必死に雪野原を横切ろうとしている、そんな光景。
頭を大きく振って、その想像を打ち消した。

その日はまだまだその野原ですることが沢山あったのだ。
おかしな絵を連想してしまうと、どうにも落ち着かなくなる。
全力をあげて無視することにした。

すべての作業が終わる頃、もう一度だけ件の方向を眺めやった。
いつの間にか足跡は森の中へ続いており、あの長靴はもうどこにも見当たらなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!