山中異界の話

部活の顧問から聞いた話です。

若い頃に一人で山に登ったときのこと。
その山は中国山地にあり、昔は村や集落が多くあったそうです。
しかし、今では過疎化が進んで廃村になっているところが多く、顧問はそういった廃村等を写真に残そうと思い行ったそうです。

顧問は昔の地図と今の地図を見比べ、廃村を探しながら歩いていると、道の跡のようなものを見つけたそうです。

「ここを行けば廃村があるかも」

そう思い、道を辿っていると、ちょっと開けた場所にでたそうです。
そこには立て札があり、顧問の目指す廃村の名前と距離が書いてありました。
「もう少しだな」と思い、距離と方向を確認し、再び歩き出しました。

しばらく歩くと、雑草に覆われていた道がちゃんとした道になり、まるで誰かが整備しているような感じになったそうです。

もうしばらく歩くと村が見えました。
廃村ではなく、普通の村だったそうです。

「おかしいな、今年の地図には村が載ってないのに」と思いながらも目的の村に到着。

家や建物があり、道路には砂利が敷かれており、廃村ではなさそうな感じだったそうです。

廃村かと思っていた顧問はガッカリして、とりあえず散策するかと思い、村を歩いてみたそうです。
そうすると、「変だな」と思いはじめました。

村に人がいないのです。
生活感はそこら中にあったですが、誰にも会わなかったそうです。
その日は日曜日なのに出歩いている人がいません。

「村を一望できるところに行ったら人が見えるかもしれない」と思った顧問は、地図に載っていた高台にある神社に行くことにしました。

その神社は村から少し離れた高台にあり、村を観察するには丁度いい場所にあったそうです。

石段を登り、境内に着くと女の子がいたそうです。

「やっと村人に会えた」

そう思った顧問は女の子に話しかけようとすると、先に女の子が話しかけてきました。

女の子:「おまえ、外の人間か?」

お前、と呼ばれたことに少し戸惑ったそうですが、「そうだよ、町からこの村に来たんだ。ここは人が住んでいるの?」と聞くと、「いいや、ここは廃村だ。だから、すぐ帰れ。昼になると大人が帰ってくる。そうしたら、お前はここから帰れなくなる」と。

「どういう意味?」と顧問は尋ねたそうですが、女の子は首を振って、「いいから、帰れ。お宮の裏の道を行けば帰れる。早く帰れ」と、とにかく帰れ、と真剣な顔で言われ、顧問はその女の子の言う道を使い村から出たそうです。

「変な子供だなあ」と思いながら歩いていると、いつのまにか元の道に戻り、そのまま出発した麓まで戻ってきたそうです。

後日、その村について調べてみたそうですが、昭和の半ばに過疎化により廃村になり、
以後、そのままと言うことがわかったそうです。

そんな事があっても顧問は廃村巡りを止めませんでした。
その話を聞いた後、私は「そんな事があったのに、止めないんですか?」と聞くと、「山中異界って言うじゃろう?どこの山も不思議なことはあるんだ」といいました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!