一反木綿を見ちまった

中学生の時だからもう30年ぐらい前の話。

地元でも『人里離れた』って表現がピッタリの山の中に集落があって、そこに同級生が住んでた。

ある日、友達数人とそいつの家に遊びに行ったんだけど、帰りの時間を考えずに遊んでいたら辺りは真っ暗。

帰る道は今は舗装されてるけど、当時は砂利道で、正に森の中を帰らなきゃならないような所だった。

一人なら絶対帰れないぐらいの真っ暗な山道。
その時は数人だったから、話ながら自転車こいだり押したりしながら家路を急いだ。

明かりは自転車のライトのみ。

で、ずっと真っ暗な山道を帰ってたんだけど、途中でライトの照らす先に白い布みたいな物が見えた。
ちょうど道の真ん中に旗が上から垂らされてるみたいに。

ライトの照らす範囲がまだ布(?)の下の部分だけだったから、『何だあれ?』って思いながら見てた。

布(?)はずっと道の真ん中にあったから、俺達が進めば布(?)の下の部分だけじゃなく全部を照らす。

『もう少し進めば全部見えるなぁ・・・』と思ってたら、ソイツはライトの光を避けるみたいにして、『すうーっ・・・』と、上昇して見えなくなってしまった。

俺はもうビックリして『今の何だ!』って周りの友達に言いたかったけど、まだ真っ暗な山道の途中だったし、みんなで騒げばますます恐いって思ったから黙ってた。
周りの友達は気付いて居なかった。

で、やっと舗装されてる県道に出たんだけど、それぞれが家路を急いでたんでその時は言いそびれ、翌日学校で言ってみたら皆気付いて無かったとのコト。

友達の親父の話では、その辺りはタヌキが化かす等の話はけっこうあるみたいだが、あれは一体何だったのか・・・。

ホントに道の真ん中に白い旗みたいなモンが鎮座してて、すうーっ・・・と夜空に上昇して行ったんだが・・・俺は幻覚を見たのか?

それとも一反木綿だったのだろうか?
|`´|

余り恐くは無い話でしたが、自分が経験した唯一の山での不思議な体験談です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!