友人の奥さんが電波

最初に言っておくと、漠然としたヌルい落ちのない不思議話。

その夜21時頃。
地下鉄で帰宅しようとしたら1駅乗り過ごし、また逆方向に乗ってもいいんだけど、1駅ぐらいだから歩こうと思って降りた。
でも、改札を出てから、今日は特に疲れていることに気づいて後悔。
普段はそこからエスカレーターと階段で地上に出るんだけど、その日はエレベータを使った。
地下鉄のエレベータは嫌いなので、ほとんど使ったことがない。

地上のどこに出るんだろうな・・・とか、案外長いな・・・とか思いながら地上に到着。
最寄り駅ではないので、キョロキョロ辺りを見渡して、何とか方向を掴もうとするもよく分らない。
そして何故か急にとてつもない焦燥感というか、異常にテンパったような気持ちになる。

別に進む方向が分らないからではない。
最悪でも少し歩けばすぐ方向は分る。
その気持ちの理由がわからず、何か心の病的な発作かと思った瞬間、軽く短くならされたクラクションが聞こえてた。

見ると、今は遠くに住んでるはずの友人が、車の窓から顔を出して呼んでいる。
何か救われたような気持ちになって駆け寄り、車に乗せてもらった。

なぜ帰省しているのか?とかいくらでも話すことはあったが、さっきの事もあり、気分が優れないというか、ボーッとしてるというか、何かおかしい。
友人にそれを伝え、ちょっと黙っていることに。

不思議な感覚だけど、未経験の感覚ではない。
あ、これは夢だ!と思った。

昔はときどき明晰夢を見たので、これもそれに違いないと思った。
でも、家に帰って眠りにつくまでのことを思い出そうとしたが、思い出せない。

普通はこうなってくると目が覚めるんだけど、覚めない。
そしてここからほとんど記憶がない。

ぼんやりと覚えているのは、友人がオレに「仕事を辞めたほうがいい」と言ったこと。
その声も言い方も全然その友人らしくなくて、
でも、その友人しか知り得ない事をいくつか言っていたような気が・・・ぼんやり。

次に意識がはっきりしたとき、オレは何年か前まで住んでいたマンションの前につっ立っていた。

時間は午前2時過ぎ。
今度は頭がハッキリしていて、普通にテンパった。

何がなんだか分らないけど、とにかく帰った。
地下鉄もタクシー代もないので2時間近く歩いて帰った。

家に着いたら何か謎だらけで納得が行かず、疲れてるのに寝れなかった。
何か気を紛らわせなきゃとネットに繋いだら、先ほどの友人の元奥さんから、オレのフリーメール宛にメールが届いていた。
メールは長いんだけど、大体の内容はこうだ。

・PC調子悪いから今度見てくれ
・夢に元旦那がでて来て意味ありげなことを言っても、それは良くない偽物だから無視しろ
・そういうのは偽物が多いから、気にしちゃいけない
・こっちにそれが来て、何となくそっちにも行きそうな気がする

・・・という感じ。

夢ではないけどアレって・・・・と心臓バクバク。
でも、変な出来事を一人でかかえて混乱するしかない訳じゃなく、これを共有してる人がいることに、ちょっと安心。

元奥さんはオレの友人でもあり、表向き真人間だけど、元旦那やオレなど含め、気を許した数人の前では電波的に変なことも言う。
でも、それが面白くもあるので、変なメール自体はあまり驚かないんだけど、今回は、ちょっと驚いた。

友人のほうにメールしてみたら(普通っぽいメールで所在地確認も)だいぶ遅れて昼過ぎに普通の返信が来た。

相変わらず遠くの街で働いていて、今日は夜勤で、交通費があれば盆には帰れるかもという内容。

その最後に「また〈元奥さん〉が変なこと言ってなかった?」と書いてあったので、「言ってたし、偽物の〈友人〉の幻覚も見たけど、多分問題ない」と返しておいた。

以上、オチとかはないんだけど、なんかスッキリしない不思議な経験。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!