消えたストレッチャー

怖いというか変な感じの体験です。

小学生の時、父親が心臓病で深夜に病院にかつぎこまれました。
秦野の山の上にある病院です。

緊急治療室に運びこまれたのが多分0時過ぎ。
とりあえず、一命をとりとめ、母親と駆けつけてくれていた叔母は、担当医に呼ばれて同じフロアの別室に。
おいらは廊下のベンチで待ってた。(今思うと、何で一緒にいかなかったんだろう・・・)

廊下の先を眺めていると、ストレッチャーがカラカラと通り過ぎていった。
記憶だと5mくらい先だったかな。
座ってた場所からね。
顔に白い布かぶせた方が乗せられていました。

たださ・・・ストレッチャーって人が押しますよね?
おいらが見たのは、廊下に消えていくストレッチャーだけだった・・・(廊下を横切っていくとこを最初から見てました・・)

そのときは怖いとも感じなかったんだけど、母親と叔母が戻ってきたら急に体が震え始めたのをいまでも憶えてます。

もう、おいらもおっさんだから30年近く前の話です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!