バカにつける薬はない

俺の親父がガンになった時、手術してストーマになったんだけど、すげー元気でみんな安心してた。
でも嫁だけが厳しい顔してて、再発したくなければ守らなければいけない事がある、と。

嫁:「お肉と化学物質的な食べものは口にしないでください。お義父さんの体の中にはまだガンになってない卵がいっぱいあるんです。孵化させないでください」

親父:「わかったわかった!俺もこんなのは二度とゴメンだからな」

だが親父は守らなかった。

当然のようにガンは再発した。
嫁に言ったら、「今回は黒いモヤがかかってたから無理だと思う」と。
でもまだ親父に生きてて欲しい俺は嫁にすがった。
頼むから今回で死なせないでくれと。

嫁は困ったように笑って、「わかった、今回だけ」と、一緒に病院に行き、手術が終わるのを待った。

手術が終わったあと、嫁は麻酔で寝てる親父の手を両手でじっと握ってた。
そして帰り際に言ったんだ。

嫁:「私はルールを破った。私の能力は人間に使っちゃいけない。だけどそのルールを破ったから、何かしらのペナルティがある」

怖いけど嫁ならなんとかなるんだろーくらいに軽く考えてた。
でも帰りの車で事故った。

幸い怪我もなく車だけがダメになったけど、嫁は「あーこれで済んで良かった」と言っていた。

その後親父は奇跡的な回復を見せ、主治医にも術後でそんなに動けるなんて信じられないと、病院で不死身のヒーロー扱いされていた。

だけど人って調子乗るんだよね。
親父はまた嫁のいいつけを破り再発した。

さすがにもう嫁に頼めなかった。
手術はしたけど日に日に弱っていくから、もう長くないだろうな・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!