1000物語

私が高校生の時かな。
携帯を買って2年目の頃、とあるSNSで都市伝説の小説を見つけて1000話まで呼んだ。

読み終わってからなのか読んでる途中でだったのかわからないけど3、4日くらい夢に魘されて度々夜中に起きてた。
なんの夢見てたのか思い出せないんだけど、とにかくハッて感じで起きたのは覚えてる。

このこと事態は慣れれば「また起きたよ、クソー眠い」くらいだったけど、怖かったのはその後。

朝方の4時位にまた起きてさ、冬だったからまだ暗くて微妙な時間だったんたけど、寝る気にはなれなかったからベッドに潜ったままPS2でRPGのゲームしてた。
そしたら急にテレビの画面がバツバツバツって感じで歪んで影像が出て、その後消えた。

白い煙まで出てきてめっちゃ焦ったよ。

「え?何?何?」って思いながら心臓バクバクでテレビの電源押したけど・・・つかなくってPS2は普通に動いてたからテレビが壊れたんだってわかった。

テレビも古かったしそれ以上は何もなかったけどタイミングが悪すぎる。

まだ暗かったしほんとに怖かった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!