部室で怪談話をしていると

気持ちの整理に書き込ませていただきます。

部活後のバス待ちが暇なので、部室で怖い話をするのが定番になってました。
怖い話と言っても、だいたいオチが笑える話だったりしてふざけたものばかり。
残っているのが顧問にバレないように、いつものように電気を消しドアはアンプで塞いでいました。

その日のメンバーは僕と一つ上の先輩2人。
外明るいしムードが出なくて、そろそろバス停行くか・・なんて言ってたらドアを叩く音が聞こえました。

顧問か??と思い3人で息を潜めていたら、ドア越しに去年卒業した浩二さんの声で「なんで閉めてんの?開けてよー」と聞こえてきました。

いたずら好きな人なので予告なく遊びに来たのかと思い、アンプをどけようとしたら先輩のひとりに止められました。
浩二さんとバンドを組んでいた先輩でした。

先輩:「浩二さんは今日大学で用事があるって言ってたし、スタジオ練も断られた。今ここにいるはずが無い」

そう言われて固まってしまった。
でもドア越し聞こえる声は確かに浩二さんの声だったので、先輩自身も不思議な顔をしていました。
そうこうしてるうちにも浩二さんらしきものはドアを叩きながら、「えーなんでーひどい!ないわ!ほんとないわ!ここで泣くよ!?歌うよ!?ジングルベルでいい!!?」と。

ジングルベルは浩二さんの持ちネタだし、言葉遣いも声も全部確かに浩二さんなのに、何故か不気味でならなかった。
いっそ豹変して全く違う声で「アケロオオオオオ」とか言ってくれた方が気が楽だった。

いつもの浩二さんのままだというのが、より”開けちゃいけない”という空気にした。
耐えられなくなった僕達は浩二さんに電話をかけることにしました。

先輩:「浩二さん今どこですか!?」
浩二さん:『え?なに??大学だよ?』

そう言われた瞬間声も音も止んで、一気に怖くなって全員で窓から逃げ出しました。
逃げてるうちに電話を切ってしまっていたようで、心配した浩二さんが折り返し電話をかけてきました。

浩二さん:『お前らなんなの??てかさっき後ろですげぇ叫び声してたけどなに??』

浩二さんの声に聞こえていたのは僕達だけだったようです。

これが去年の4月の話。
これよりあとは僕らにも浩二さんにも何も起きませんでした。
未だに部室は怖いです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!