ジョギング中にあり得ない物が飛来

もう今から5年くらい前の話。
オチはないんだが今でも怖い。

当時俺は世界一暇な人種の大学生で、その日は明け方3時くらいまで起きてた。

体がちょっといらいらしてたからランニングして、空も白み始めた時間に家の傍まできてたんだが、いきなり自分の家のはす向かいの家から目の前にギターが吹っ飛んできた。
派手な音鳴らして。

「え、何?wジミヘン?wフリクリ?w」とか思ったんだが、そっからがわけがわからんかった。

その吹っ飛んできたギターが一人でに音楽奏でてるんだよ。
手で触ったらそいつから音が鳴ってた。

間違いない。

そんで吹っ飛んできた家の中からも同じ音楽が大音量で流れてる。
狭い団地だったから当然みんな起きて何事かと思って集まるわな。
誰かしらがポリスメン呼んで警察まで来た。
ギターはいつの間にやら鳴き止んでた。

で、家には若い男女が住んでたんだが、その日以来行方不明。
その家前はチョンが住んでて夜逃げしたってこともあったんだが、まぁ関係はなさそうだな。

ちなみにギターのメロディは、wonderwallって曲に最初のとこを物悲しげにした感じだった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!