空と山にいるカワワロ

知り合いの話。

秋の終わりに、一人で山中の薄野原を散歩していると、上空から聞いたこともない奇怪な鳴き声が聞こえてきた。

「ヒョーン、ヒョーン」という金属的な響き。

どんな鳥かと思い空を見上げると、予想外の物が目に入ってきた。
二十人程の真っ黒い人影が、空の高みを飛んでいた。
平泳ぎで。

ズングリとした体型で、器用にスイスイと空中を移動している。
時折顔を回して「ヒョーン」という声を上げながら。
唖然として見上げる内に、群影は山に掛かった雲の間に消えていったという。

学校の先生にこの話をしたところ、何とも不可思議な答えが返ってきた。

先生:「それは恐らくカワワロだろうな。奴ら、春夏は下流の河口に住んでいて、冬になると空を飛んで山奥に戻るんだと。山に入るとヤマワロって呼び方に変わるそうだけどな。浜から山へ飛ぶ間に、そんな鳴き声を上げると伝わってるぞ」

河童って空も飛ぶのかよ!
大いに驚いたのだそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!