ラッパ音と近づく足音

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

皆、誰でも小さい頃はよく秘密基地とゆうものに憧れたものだ。

私も当時一番仲のよかった友達と家の近所の林の用水路の流れる下あたりに、小さなはらぱのような空間を見つけて、そこを友達との秘密基地としていた。

用水路の反対側は、数キロに渡って林が続いている。
そこに足を踏み入れることは、時間がかかる秘密の場所だった。

私と友達は初めての秘密基地が嬉しくて、色々な物を互いの家から持ち出して秘密基地を楽しんでいました。
一番興味のあった火をおこす場所とか、子供ながらにわくわくして作りました。

その日はあたたかくて、とても気持ちのいい昼間でした。

私と友達がいつものように石積みで作った場所に火をつけて、意味もないのにやかんをのせて沸騰させるのを遊んでいました。
おままごの様なまねごとでした。

少ししてから、用水路の向こう側から遠くの方で、なぜかラッパの音が聞こえてきました。

最初は遠くから聞こえてきたのに、だんだんこっちに、自分達の方に向かって、その音は聞こえてきました。

そして私達にもっとも近づいた時に、ラッパの音は止まりました。
最初は、何がなんだかわかんなかった私たちですが、きっと誰かがラッパの練習でもしてるのだろうと思い、子供だったので特に気に留めませんでした。

少しした時に、いきなりラッパの音が増えて、まるで何人かでラッパを吹いている様な音が大きくなる。
そして草を踏む音。

私と友達は怖くなり、慌てて火を消し走って逃げ出しました。
でもその音は消えない。

私達はその場から逃げてるはずなのに、音の音量は全く変わらないし、もっと大きくなっているような。
やっとのことで人通りの多い道路に出たとき、音はなくなっていました。

大人になって聞いた話しだと、昔吹奏楽部の一人が練習中に川の用水路で水死体で見つかったと聞きました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!