人の死の予知が絶対に当たる

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

近所で交通事故がおき、血まみれの男が倒れている夢を見た。

その夢が覚めると、金縛りになり、床から子供の頭と思われる頭蓋骨が3つ現れ、耳が痛くなるほどの笑い声が聞こえた。

それが多重夢となって続き、目覚めたら朝日が昇りはじめていた。
その時、やっぱり夢だったと思い、ホッとした。

しかし、その3日後。
夢で見た場所で死亡事故が発生。
亡くなったのは、近所に住んでいた父の同僚だった。

そのおじさんには2人の男の子がいたが、数ヶ月後に一人は精神に異常をきたして刃物を振り回したため、警察が来た。
そして帰宅して数日後、その子は亡くなった。
原因不明の突然死だった。

その後、程なくして、もう一人の子も精神に異常をきたし、入院することとなった。

しばらく後に、その子の母親から聞いたが、以前に子供をことがあったらしい。
要するに子供は3人いたわけだ。

私は忘れかけていたあの夢のことを思い出し、背筋が凍る思いがした。

母の話によると、私が他人の死を言い当てたのはこれが最初ではないらしい。
私が幼い頃、やはり同じように隣家の住人の交通事故を言い当て、近所から気味悪がられて引っ越すこととなったそうだ。

そういえば、小さい時によく「思っても話してはダメよ」と母に言われた記憶がある。

それ以来、夢で見た死者の顔が、瞼に焼き付いて離れない。

一応、この話は事実に基いています。

この話は、私が中学生の頃の話ですが、その後も数人の死を予知しました。
最初は偶然と思っていましたが、流石に5回も連続すると嫌になります。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!