心が汚れると偶然がなくなる

幼稚園の頃、集合住宅の2Fに住んでいました。

玄関のドアを開けると、1Fに通じるちょっと長めの階段がありました。
段数は、15段以上あったと思います。

1人で階段の近くで遊んでいた時、上2段目のところから後ろ向きに落ちてしまいました。

ところが、落ちたと思った次の瞬間、向きは同じまま、下から2段目の所に立っていました。
ケガも何もありませんでした・・・。

小さかったこともあり、不思議に思わず、階段を上って部屋に帰りました。
親には怒られると思ったので、話しませんでした。

もう一つ、小学校低学年の頃、掃除当番を数人でしていたとき、自分の頭目がけて、無言でちりとりを投げ付けてきた子がいました。
鉄製で角があったので、当たれば血が出たと思います。

実際は、ちりとりが向かってきた瞬間、そうとは知らずに頭を下げたそうで、当たらなくて済んだのですが、他の子に当たってしまい、大騒ぎになりました。

ちりとりを投げた子から、後で直接言われたのが「おまえが急に頭を下げて、よけたのが悪い!あそこで下げると思わなかった!」と、私が悪いと言われました。

当時の私は、逆切れされてもよく分かりませんでしたが、もう少し成長していたなら、ただじゃおかなかったと思います。

その子は、気が付いてよけたわけじゃないことを分かっていたせいか、自分に対して、同じような悪ふざけは二度としてきませんでした。

そんな風に助かったのは小学校まで・・・。

大きくなるにつれ、心が薄汚れていったせいなのか、助からないことのほうが多いです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!