息子には本当に視えてるようだ

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

とある知人から聞いた話。

彼女のもうすぐ五歳になる息子は、ようやく喋れるようになった二歳前くらいから、自宅の前の側溝に「ねこちゃん」と話しかけていたそうだ。
しかし、母親である知人には何も見えない。

息子:「ねこちゃん、何してるの?」
息子:「抱っこしてあげようか?」
息子:「葉っぱのご飯あげるね、どうぞ」

何もないところに甲斐甲斐しくそう話しかける息子に、知人は初めは驚いていたものの、やがて気にしなくなった。
子供によくあるごっこ遊びだと思ったのだ。

ねこちゃんとやらにかけている優しげな言葉も、全て周囲の大人が息子に普段かけているのと同じだった。
成長すればじき治まるだろう、それくらいに考えていた。

しかし、少し気になることもあった。

息子がねこと遊ぶ側溝は道路に面していて、車通りは少ないとはいえやはり少々危ないのだ。
小さいうちは、息子は知人と手をつないだ状態で猫に話しかけていたが、大きくなると自分であちこち行きたがり、おっかなびっくり側溝に降りようとしたり、不安定な格好で雑草を取ろうとする。
そんな時にたまたま車が通ったりすると、こちらも怖いし運転手も驚くだろう。

ねこと遊ぶのを止めるように言っても、息子は「ダメ!まだご飯食べてないんだもん」などと言って聞かない。

そこで彼女はついに言った。
知人:「じゃあもう、そのねこちゃんうちに連れてきなさい。お庭で遊んだりご飯あげたりするんなら、危なくないんだから」

すると、息子の顔が「いいの?」とパッと輝いた。

息子:「ねこちゃん、前におうちに来たいって言ってたんだ」

その言葉に、一瞬「しまったかな?」と思ったが、もう遅い。
見えないねこは息子に誘導され、軒の下に古いクッションを敷いてもらい、そこを居場所にしたようだった。

息子:「ねこちゃん嬉しいって!お母さんありがとう」

満面の笑みの息子に、家の中には入れないことを約束させたという。

私:「まぁ、イマジナリーフレンドとか言いますしね」

小さな男の子の可愛らしい様子にほのぼのしながら、私は言った。

私:「そのねこちゃんがおうちに来てから、何か変わったことは?」
知人:「それがあるんですよ」

私の問いに、彼女は身を乗り出すように言った。

知人:「お恥ずかしいんですけど、うちは古い家で昔からよくネズミが出るんです。色々対策してもなかなか駆除できなかったんですけど、息子が猫を連れて来た途端、ネズミが姿を見せなくなって」

私:「それはそれは」
知人:「こんなことなら、もっと早く来て貰えばよかった、なんて。葉っぱとネズミだけじゃ、と思って、時々鰹節なんかもあげるんですけど、すぐにお皿は空っぽになってます。まぁ、全部他の猫の仕業かもしれませんけどね」

その時、ふと足元を何かが通り過ぎた気がした。
体を擦り付けながら歩く、猫特有の歩き方。
しかし、足元を見ても何もいない。

私:「もしかして、ねこはお家に上がって来ます?」
知人:「あら、ごめんなさい。息子がこっそり何度か上げたら、玄関を自分で開けて入ってくるようになったみたいで。私は全然わからないんですけど、お客様に時々ちょっかいをかけるみたいなんです。大丈夫ですか?」

私:「ええ。ねこは好きですから」
知人:「ならよかった」

知人の言葉に被さり、間延びした猫の鳴き声が聞こえた気がした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!