ビッキ沢での不思議体験

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

知り合いの話。

彼の祖父はかつて猟師をしていたという。
遊びに行った折に、色々と興味深い話を聞かせてくれた。

彼の祖父:「ビッキ沢。そう猟師内で呼ばれてた沢があるんだ。ビッキってのは蛙のことだよ。そこで野営してた夜に、妙なモノと出会したんだ。火の前で鉄砲の手入れしてたら、繁みン中からノソズリ這い出てきた物がある。てっきり何かのヨツ(獣)かと思って見てたから、正体がわかった時は大層驚いた。でっけえ灰色をした蛙だったんだ」

彼の祖父:「うちで昔飼ってたシロほどもあったかな。ああいや、シロってのは紀州犬の名前なんだがね。だもんだから、しばらくポカンと口開けて見てたわい」

彼の祖父:「こいつがまた蛙の癖して偉そうに、長老でございって感じで白い髭をたっぷりと生やしとったんだ。“何だコリャ。どことなく学のありそうな顔してるじゃねえか”とつまらん思いを浮かべてると、いきなり口開いて『何してるんかね?』と喋りやがった。蛙の喋りとは思えんほど、実に滑らかによ」

彼の祖父:「“こりゃ普通の蛙じゃねえ!迂闊にビビッた所は見せられんぞ”少し焦りながらそんなことを考えたわいの」

彼の祖父:「『鉄砲の手入れさね』取りあえずそう返したところ、『鉄砲と言うのか。何する物かねそれは?』とこう尋ねてきたモンだから、『こっからよ、鉄と火を噴いてシシ(猪)を倒すのサ』って答えた。ま、半分脅しも兼ねてな」

彼の祖父:「『鉄と火か。それは嫌だな。うん、実に嫌だ』蛙はそう答えやがった。まぁ何とかに小便って言うくらいで、蛙の面なんかとても表情読めねえからな。本当に嫌がってるのかどうかはわからんかったが。『怖いな。うん、実に怖い。退散するとしよう』その言葉を最後に、繁みにノソッと戻っていったよ」

それでどうなりました?と先を促すと、「どうもこうも、それでこの話はお終いだよ。ま、敢えて言やぁ、“なるほどここはビッキ沢って呼ばれる訳だ・・・”って納得したぐらいだな」

聞いて呆れた私だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!