噛まれると3日持たない・・・

知り合いの話。

彼はかつて漢方薬の買い付けの為、中国の奥地に入り込んでいたことがあるという。
その時に何度か不思議なことを見聞きしたらしい。

彼:「随分と奥方の、山岳地帯を巡っていた時なんですけどね。変わった山村がありました。直接訪れてはいないのですが、住人皆が身体の何処かに、同じ紋様の刺青を入れてるらしいんですよ」

彼:「そこの人たち、他の村の人間からえらく嫌われていまして。いや嫌われるというよりも、あれははっきりと怖れられていましたね。私がそこの村民を目撃したのは、ある山裾の市場でだったのですが、どの人も腫れ物を扱うような感じで接していました」

彼:「その時の案内人に、『どんな人たちなのですか?』、と尋ねてみたんですよ。するともう真っ青な顔をしましてね。『絶対に彼らと関わってはいけない』と言う。あの刺青に咬まれたら、あっという間に身体が腐って死んでしまう・・・って」

彼:「昔は結構トラブルがあったみたいで、その度に諍いが合ったらしいのですが、その中で明らかになったというのですよ。あの刺青者に咬まれると、その夜から熱が出て、手足の先から壊死が始まり、三日と持たず死んでしまうってことが」

彼:「何となく、症状の説明を聞いた感じでは、溶連菌によるモノじゃないかとも思ったんですが。はい、俗に言う人食いバクテリアって類いですね。しかし、そんなに劇症性の菌が、人の口腔内に潜んでいるものなのかどうか、私は専門外なのでよくわからないのですけど」

彼:「現在は争うこともなく、それなりに共存しているそうで。やはり平和が一番ですよねぇ」

最後に彼は、日本人らしいこんな一言を漏らした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!