もし夢でツボが出てきたら割ったらいけない

ちょっと相談に乗ってほしい。

相談とはいっても、半分以上俺が語りたいだけって思いがある。
だからちょっとここに投下させてもらう。
フェイクいれてあるから矛盾出たらごめん。
それと、最後まで読んだ人は俺を恨んでくれて構わない。

高校生の時、友人Aと野宿をしたり、深夜に山に登ってみたりとかちょっとしたロマンを探すなんてことをよくやっていた。

うちの地元は2キロくらい行くと中途半端に都会チックなところがあるものの、それ以外は田畑ばかりでゲームセンターとか、カラオケがないところだったんだ。
だから刺激を求めて普段しないようなことしてみようという感じだった。

とはいっても遠出をするとかはまったくなくて、近所の100金の駐車場で寝てみたりとか。
3キロくらい離れたところにある山の頂上が墓地だから、そこまでノンストップでチャリンコ走らせて、ジュース飲みながら幽霊探してみたり、ゲームの必殺技をポーズと一緒に叫んでみたり、そこで寝ながら朝日を眺めるとかそういうロマン探しだったけど。

その日もそんなロマン探しをしようってなったんだ。
もともとゲームとかの趣味が合うってことで仲良くなった俺らは、いつものうどん屋で飯食いながら「別に、アレを食ってしまってもかまわんのだろう?」とかくだらん雑談をしてた。
んで、深夜になってうどん屋が店を閉めるからって追い出された俺たちは、いつもの流れと同じように”なんかおもしろそうなこと”しようって話になった。

そっからの流れとかぶっちゃけ覚えてない。
もう何年も前のことだし。
まぁ、とにかく、そのあとすることが”丑三つ時に中学校に忍び込む”に決まったんだ。

Aの家でその時間くらいまでゲームして、2時になったから中学校にチャリンコで向かった。

中学校について、校舎裏のフェンスをよじ登って敷地内に入ったものの、どうやら警備員がいるらしく校舎からときどき光が見えてたんだ。
これじゃあ校舎内には入れんなってなって、でもせっかくだからと校庭を見回ることにしたんだ。

よくわからない表彰台っぽいものに上ってポーズとってみたり、プールの女子更衣室のドアを思いっきりガチャガチャならしてみたりとか色んなことしてた。

んで、いろいろ遊んだあとにケータイ見たら3時になってて、丑三つ時がもう過ぎてるからってことで帰ることにしたんだわ。

そのころにはもう警備員のこととか忘れてて、チャリの置いてあるところまで最短距離を雑談しながら歩いてたんだ。

そうして歩いてると来賓用の玄関の前にツボがあるってことに気づいた。
あーそういやこんなん作ったよなーとか言いながら辺り見まわたしてみると、花壇のふちのとこにもツボが所狭しと並んでた。
このツボなんだけど、俺らが中学1年のときに老人介護だとか伝統がどうのだとかで、顔を模したツボを作らされたことがあったんだ。
ハニワみたいなやつ。
そのときのものがたくさん並んでた。

ツボを作ったのはなぜか俺らの代だけだったから、学年人数を計算して、たぶん300個くらいのツボがそこにはあったはず。

俺らが卒業してから並べるとかなんかなーとか思いつつ、色んなツボの裏を眺めてた。
作った時に、ツボの裏に名前を書くようにって言われてたから、裏を見ると作成者がわかるんだ。

しばらく2人でツボの裏を見ては○○不器用すぎだろwww底に穴あいてんだけどwwwとかいって笑ってた。

んで、そんな感じで一つ一つ見てて、俺がとあるツボの裏を見たら「ミナイデ」って大きく書いてあった。

普通に捻くれたやつの悪戯だとすぐに気づけばよかったんだけど、めっちゃびびって思わず放り投げちゃったんだ。

あ、やべ・・・とか思ったけど、もうどうしようもなくて。
せめて割れないでほしいなぁとか諦めたかんじで眺めてた。

まぁ、ふつうにツボは割れた。
でもガシャーンとか、ゴチャとかそういう音じゃなくて、「ヒアッ」とかそんな悲鳴みたいな音だった。

なんだよ今の音は、鈍器が出していい音じゃないだろ・・・って思わず固まっちゃったんだけど、すぐに「コラー!」って声がして、校舎のほう振り向いたら光がめっちゃ激しく揺れてた。

たぶん懐中電灯の光なんだろうけど、めっちゃ走ってるってことだけは伝わってきて、すぐにAと一緒にチャリンコ乗って逃げた。

それで、次の日にAとその話したらAは知らないとか言い出す。
ツボを割っちゃったことを知らないとかじゃない。
むしろ中学校に忍びこんだことすら知らないとか言いだすわけ。

初めはAがふざけてるんだと、ツボ割っちゃったから犯人が俺だとバれてもAだけがシラを切りとおす気だなと思って、ずっと追求してたんだけど、そのうちAからと「夢と現実ごっちゃにすんなよ」とか「いい加減しつけえんだよ」とか冷たい目で見られるようになったから、俺もあれは夢だったんだと思うことにした。

んで、それから何年か経って、Aは就職してて前みたいにロマン探しとかはできなくなってた。
でも土日は一緒に遊んだり、他の友人たちも連れて飲み会したりなどはしてた。

そんなある日、AからLINEで「マジで昨日は大変だったな」とか言われた。
いきなりそんなこと言われても昨日は1日中ゲームをしてたはず。
一度も家を出た覚えはなかった。
だから「なにがー?」って返信したら「俺ら見つかって追っかけられたじゃん」とか言い出す始末。

何がなんだかわからないけど、詳細を聞いてみると、先ほど俺が体験したことをAが体験してたことがわかった。

そのLINEのやりとりは軽い喧嘩みたいになったけど、最終的にあのときAはやっぱりシラをきってて、時間がたってAが忘れてたんだけど記憶にはあったから夢で見たんだってことでおさまった。

で、またさらに何年かたって、俺とAと他の友人たち、あわせて8人で温泉旅行にいったんだ。

その8人のうち俺、A、友人B、友人Cは小学、中学、高校と同じでさ。
気の知った連中だし、昔の話とかすると懐かしいってけっこう盛り上がれるからその4人と残りの4人で二部屋とって旅行してたんだ。

んで、最終日に修学旅行っぽいことしようぜ!ってなって、4人で中学、高校のときの恋バナとか会談話とかしてたら、友人Bが変な夢をみたことがあるって言い出した。

その夢の内容は俺とAのそれだった。
Bも同じようにツボを割って警備員に追いかけられたって話だった。
俺とAがそれについて話そうとする、前に友人Cが同じ夢を見たことがあると言い出した。
奇しくも、友人Bがその夢で一緒にその校舎にいったのは友人Cだった。

俺とAも同じような夢を見たことがあるというと、これはガチで何かあるんじゃないかってなって、残りの友人4人にも聞いてみたけど、見たことはないって話になった。

んで、友人8人みんなで同じ部屋に集まって話を照らし合せてみると、みんな2時から中学校に忍び込もうって話になっていたらしい。

俺らは丑三つ時なら怖いのが出そうじゃねって感じだったけど、B,Cの場合はちょうど2時ごろに中学校の近くにいたから忍び込んだって流れだった。
そして忍び込んだあとも少し違っていて、B、Cの場合はテニスコートにボールとかラケットがちらばってたからテニスしてたらしい。

ただ、夢を見てるやつがツボの裏に「ミナイデ」と書いてあって、放り投げてしまい、悲鳴のような音で割れたあと、警備員に見つかって逃げるという流れは同じだった。
だけど、微妙に詳細が違ってたんだ。

俺の場合はツボは300以上はあったし、警備員は校舎から出てこなかった。
Aの場合はツボは100もなくて、警備員は校舎から出てきていて、追っかけられた。

Bの場合はツボは一クラス分(30個くらい)だけで、警備員は200m先くらいの距離だった。

Cの場合はツボはとにかくたくさんあって、警備員が校舎から出てくるところだった。

夢を見た時系列で聞いてみると、俺→C→A→Bで、だんだんとツボの数が減っていって、警備員がだんだんと近づいてくることがわかった。

俺らがもう一度その夢みたら、次は捕まるんじゃないか?とめっちゃ怖くなってもう今日は眠れないなと酒を飲み明かすことになった。

他の4人はそんな怖いことあるんだなーとか、そういう話聞いたことがあったから夢で見たんだろって半信半疑なやつとかもいて、友人D以外は元の部屋に戻って寝るって去っていった。

時間が1時半くらいだったから、Bが「今寝たらその夢見れるんじゃね」とかおちょくってた。

Dだけは俺らの飲みに付き合ってくれるって言ってくれて、一緒に酒飲んでた。
旅館のテレビでよくわかんない字幕の洋画見てて、さすがに眠くなってきたとか言っていたら、寝てたはずの友人Fが乗り込んできた。
お前らが変な夢言うから俺も見ちゃっただろ、と。
時間を見ると、3時を少し過ぎたくらいだった。

慌てながらツボの数と警備員の位置を聞くと、ツボの数は10個ほどで、警備員は深夜でも顔が見えるくらいの距離だったらしい。

俺らの話を聞いてたからか、捕まったらやばいと思ってツボを警備員に投げつけて逃げた上に、顔を見られたらやばいと思ってなるべく警備員のほうを見ないで逃げたとのこと。

俺らの話を聞いてたんだったらまずツボに触るなよといったが、Dがいうには、ツボを割るまで完全に俺らの話を忘れていて、ツボを割ったときの悲鳴を聞いた瞬間に思い出したらしい。
そして、Fと一緒に中学校に忍び込んだのはDだった。

それを聞いたDは「俺まで寝れなくなっちゃったわ」って笑って酒飲んでて、あまり気にしてないようだった。

次の日の朝、電車で地元まで帰るときにさすがに徹夜はきつくて、俺とCは寝ちゃったけど、変な夢は見なかった。
その次の日、A、B、D、Fも寝たが変な夢は見なかったと言っていた。

だから正直最近まで忘れていたんだけど、3日前、Dから連絡がきた。
同じ夢を見たと。

ツボは1個しかなかった。
警備員は本当にすぐそばまできていて鬼の形相をしていた。
手を伸ばしてきて、捕まる直前まできたがなんとか逃げることができたと。

ただ、最後にチャリを漕いでるときに、後ろから「顔を覚えたからな」という声が聞こえた、と。

今のところは何も起きてないらしいが、Dは家から出ない、絶対に寝ないようにすると言い張ってる。

俺もそうしたほうがいいとは思うんだけど、ツボの謎とか、警備員に捕まったらどうなるのか、一度その夢を見た人があれからもう一度その夢を見たことはないが、これからも見ないのかなど、いろいろなことが気になっている。
それを解決しないと解放されないような気がして・・・・・・。

そして、これが相談というか頼み事、まぁつまり本題なんだけど・・・・・・。
A,B,C,D,Fは夢で見たと言っている。

俺も旅行のときで話をしたときは「同じ夢を見た」と誤魔化したけど、俺はあれを現実で体験してるんだ。

みんなは逃げ切ったところで夢から目が覚めたらしいが、俺はAと一緒にAの家まで逃げてからゲームをやっていて、昼頃にB,C,D,Fを呼んでゲームをしていた。

そして、そのときに軽い武勇伝のように俺はその話をしてしまったってことを思い出した。

もし俺がその話をしたのがきっかけで、B,C,D,Fがそのせいでその夢を見るようになったのだったとしたら。

Dを助けるために、その夢を代わりに見てほしい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!