蛞蝓人間は意外と優しかった

田舎に住んでた子供の頃、地元から一つ向こうの山で遊んでるうちに迷った。

泣きたい気持ちを堪えながら、闇雲に歩いていると人の声がする。
安心してそっちに行ってみると変なものがいた。

ガリガリに痩せた3mぐらいあるやたらでかい人間?が、蛞蝓みたいな体に人間の顔が埋まったような生物(複数いた)に鎖を繋いで歩いていた。
やつはすぐにこっちに気付き、近づいてきた。

もうガクガク震えていると、腰をヌッと落とし顔を近付け、「この事一切他言無用」と言った。

目が異様に小さかったのを覚えている。
道に迷ったの、と何とか口にすると、やつは暫く考えた後、「ここをこう行け」と教えてくれた。

その時、後ろの蛞蝓人間?がみんな口々に叫んだ。

助けてください!
きみ人間だろ!
助けて!
こんなの嫌!

みんな泣いてるようだった。

当然俺にはどうしようもなく、半泣きで固まっていると、やつはまた鎖をぐっと持って、彼らを引っ張りながら森の奥に消えて行った。
助けを乞う声はずっとしていた。
そしてやつの背中が見えなくなったあと、俺は変な声で叫びながらも教えてもらった道を無我夢中で走った。

あれだけ迷ったのに簡単に家に着いたんだから、悪いやつではなかったような気もするが、あれが物の怪だったのは間違いないとしても、あの蛞蝓人間が何だったのかがよく分からないままだ・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!