俺が逃げるように引っ越しした理由

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

夢に出てきて思い出したので書かせてください。
賃貸マンションに住んでいたころの話。

ある日掃除をしていて、ふと壁に小さな取っ手?(襖を開けるとこについてるみたいなやつ)があることに気がついた。

入居してから一年未満だったので、今まで見落としてたんだなぁ?くらいに思った。

しばらく白い壁を眺めていると、壁にほんの少しだけ隙間があるように感じた。
好奇心から、俺は取っ手を横にスライドさせてみた。

すると、全く知らないもう一つの部屋が出てきた。
埃っぽかったが、定期的に管理されてる感じ。
窓もついていて、日当たりも良かった。

部屋の真ん中にはピアノが3台置いてあった。
一台は俺でも知っている超高級グランドピアノで、後は普通のグランドピアノとアップスタンドだった。

三人が同時に弾けるように三角形になって置かれていた。

隣はリビングになっていて、重厚なソファが置いてあった。

もうこの時点で、ここに住んでいた?住んでいる?人間はお金持ちなんだろうなぁと想像した。

この部屋にもピアノというか、キーボードが二、三台おいてあった。
そしてその隣の部屋は、子供部屋らしかった。

学習机が2つ並んで置いてあり、それぞれの棚には学校で使っているのだろう教科書やノートが入っていた。

小学校名も名前も書かれていて(隣の市の私立小学校だった)、持ち主が同じ学校に通う姉妹であることが想像できた。

何かの手違いでマンションの隣の部屋と行き来出来るんだ、と思ったが、その部屋には玄関がなかった。
なので、独立してその部屋だけで暮らすのは不可能だった。

トイレや風呂もない。

どちらかと言うと、元々は自分が住んでいる部屋にくっついていたんじゃないか?と思った。

でも、不動産屋もそんな話してなかったし、実際に俺はその物件の間取りも何度もネットで確認していた。
こんな別部屋があるなんてもちろん載っていなかった。

ソファテーブルの下に何冊か雑誌が置いてあったので何気なく読むと、何だか古臭い。
発行日を確かめると、91年になっていた。

そして姉妹の学習机に置いてあるカレンダーをよく見ると、1991年の3月だった。

俺は急に怖くなり、自分の部屋に戻った。
壁も元に戻して、すぐに不動産屋に連絡した。

隣の部屋に壁から侵入出来る、住人は家具家財を置いていなくなっている。
担当者に伝えたが、そんなことはありえないの一点張りだった。

気味が悪かったので、その部屋はその場で解約を申し出た。
近くの実家でしばらく過ごし、逃げるように引っ越しをした。

今は戸建てに住んでいる。
もう賃貸には住みたくない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!