リアル感が強い夢には注意

当時彼女は夫と二人で郊外の一戸建てに住んでいたそうです。

ある夜、彼女は仕事の後飲みに行くといった夫を待っていました。
しかし、あまり遅くなったので先に寝ることにしました。
そして眠った彼女は夫がバイクで車と衝突して死ぬ夢を見て目を覚ましました。

でもそれは夢というより確信に近いものだったそうです。
彼女は、「夫が死んだ、夫が死んだ、どうしよう!」とパニックになったそうです。
しかし間もなく、聞きなれたバイクの停車する音が聞こえて来ました。

玄関のドアが開く音がし、酔っ払った明るい夫の声がします。
大声で彼女の名前と、どうして遅くなったかをロレツの回らない舌でしゃべっていました。

泣いていた彼女は、あまりに上機嫌の夫に少々腹を立て布団の中から大声で、「遅かったねー。
あんたは事故で死んだと思ってたよー」と言いました。

すると、夫は、「あらー、そっち取っちゃったのー」と、おどけたようにいい、物音が急に止みました。

その直後、夫の事故死を知らせる連絡あったそうです。
後に彼女は「あの人が神様にもらったチャンスを私がだめにしたのかも….」といっていたそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!