心理的な壁

俺が小学生の頃、母はヨガのインストラクターだった。
例にもれず俺は母が大好きで、母の真似をしたくて「ヨガを教えて欲しい」と、よく母にせがんでいた。
母はそのたび、「大きくなったらね」といって教えてくれなかった。

どんなに頼んでも母は教えてくれなかったので、幼かった俺は自分で勉強することにした。
いくつか本を読んで俺の心を引き付けたものは、ヨガのポーズのやりかた等ではなく、瞑想によりチャクラを開き、宇宙と一体化することだった。

最初はうまくいかなかったけど、何回も繰り返すうちに心が真っ白のなり、周りと同化するような感覚に陥るようになった。
そうすると、俺は益々瞑想にはまっていき、暇があれば母に隠れて瞑想をしていた。

ある日、いつもと同じように瞑想をしていると、突然、”自分の目を手元にあるコンパスで突きたい”、という欲求に襲われた。
絶対そんなことをしてはいけないといいう気持ちと、自分の目を付きたくてしょうがないという衝動が、俺の体を駆け巡った。
しばらく葛藤を続けていたが、俺はとうとう欲求に負け、目を突いてしまった。

まだ若干理性が残っていたのか、手元が狂って、コンパスは白目の部分に刺さった。

激痛が走った。

俺は泣き叫んだ。
けどまだ、目を突きたいという欲求は収まらない。
ふただび俺はコンパスをつかんで、突き刺そうとした。

そのとき、異常を感じ駆けつけた近所の人に俺は取り押さえられた。
そのまま俺は病院に連れて行かれ、何とか失明は免れた。

数時間後、事情をきいた母が病院に駆けつけてきた。
母は何故そんなことをしたのか?と、俺を問い詰めた。
俺にも何故だかわからなかったが、瞑想をしていたら目を突きたくなったといううことを、泣きながら話した。

母は驚いた顔をして、俺に語りかけた。

母:「私が今までヨガを教えなかったのは、別に嫌がらせとかではないんよ。心が未熟な時に下手に瞑想をしてしまうと、何かに体が乗っ取られることがあるから」

どうやら、心を真っ白にすると、悪霊などが入りやすい状態になるらしい。
だから母は、心が未熟なうちは、俺にはヨガを教えないと決めていたそうだ。

あのときの恐怖が蘇るから、とっくに成人したいまでも、俺はヨガや瞑想をおこなっていない。
皆さんも、瞑想する際は十分気をつけてください。

【追記】
ノルウェーの首都オスロ近郊の刑務所がこのほど、受刑者の情緒を安定させるため導入したヨガ教室を中止することにした。
ヨガを実践した受刑者が、期待された効果とは反対に、よりイライラして攻撃的になってしまったからだという。

地元紙によると、重要犯罪人を収容する刑務所で今年初め、受刑者の精神面を考慮し、試験的にヨガ教室が開講、8人が参加。
しかし、ヨガのレッスンを受けた受講者が、イライラして攻撃的になったほか、数人が不眠を訴えた。
このため、ヨガ教室を中止することにしたという。

刑務所所長は、ヨガの呼吸法で受刑者の「心理的な壁」が消えたため、より攻撃的になったのではないかと推測している。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!