あるパチ狂の話

あるパチ狂の話。(以後A、上の子がうちの子と同級生)
赤ちゃんを宗教関係の人に預けちゃって、返してもらえず大変なことになったようだ。

Aはパチンコでの借金&家事育児放棄のコンボで、元夫と離婚。
上の子の親権は父親が取ったが、当時腹の中にいた下の子はAのところに残された。

パチのせいで家庭崩壊したのに、それでも辞められなかったのね。
うちは上の子のときにさんざん被害にあっていたから、赤ちゃん預かれ攻撃も断固断った。

同じく被害者だった人たちも頑として跳ね除けていたから、やばい家でもなんでも預かってもらえればいいと思ったのかな・・・。
まさか朝から晩まで不気味な念仏(賛美歌?)が聞こえてるような家に預けるとはね、そうまで楽しいもんなの?パチンコって。

あくまで人づてに聞いたこと。

A:「子供返して!!」

カルト:「あなたが私達に預けると決めたのだから、この子の家はもうここです。あなたが子供との生活を望むならば、一緒にここで暮らせばよいのです」

そういうやり取りがあったそうだ。

下手に話を大きくしてこのことが元夫の耳に入れば、下の子の親権も取られてしまうだろうし、詰んだなA。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!