小さい子どもの○だった

俺のじーちゃんの体験談。

じーちゃん工場の社長で、その日は打ちあわせで某工場へ車を走らせてたんだよ。
信号待ちでボーっとしてたら、大型ダンプが急ブレーキで目の前で止まったんだって。
なんだ!ってびっくりしてたら運転手が降りてきてさ、その場でグルグル回りだしたんだ。
何かの発作かな?と、じーちゃん車降りて近づいていくとさ、近くにいた若い女性もグルグル回ってたんだって。
周りの人も不思議そうに見てたそうだ。

そしたらダンプのおっさんが、今度はタイヤにパンチを始めて、拳があっという間に血まみれ。
それ見た若い女性はバタって倒れた。
じーちゃんが「止めろ!」ってさらに近づいて行くとさ、おっさん、手にはダンボールみたいな塊を持って、その場でブツブツ言いながら眺め始めたんだって。

じーちゃんと近くで見てた若いにーちゃんが、同時に「大丈夫か!」って駆け寄ったらさ、手に持ってるのダンボールじゃないんだ。
小さい子どもの頭だったって・・・。

トラックのデカイタイヤ2本の間に頭が嵌りこんでたみたいで、女性はお母さんだったそうだ。

それ以来じーちゃんは、その場所は二度と通れなくなったって。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!