それはとても縁起が悪い

よく、縁起がよいものとして松竹梅などといわれますが、私が体験したのは逆松竹梅。

当時、父は仕事のため郷里を離れ、東京で私と一緒に(家賃を浮かすために同居)アパート住まいをしており、週に一回郷里(実家がある)に帰るルーティーンで生活しておりました。
私は、父のように毎週実家に帰ることもなく東京に居続けていたので、この話は後に母から聞いたものです。

その年は、新年早々、実家の庭に植えてあった松の葉が枯れ、竹も枯れ、母は「何だか縁起が悪いね」と思っていたそうです。
実家の庭に梅の木は植えてなかったのですが、ある日母が梅干しをつけ込んだカメを開けてみると、びっしりと白いカビで覆われていたのだそうです。
母は、毎年梅をつけ込みますが、こんなことはかつてなかったという話でした。

冗談のようですが、これで松竹梅の三つがあぼーんされてしまったわけです。

ほんと、冗談だったらよかったのですが、その年の夏に父が発病。
胃潰瘍らしいということで入院、手術、結果は手遅れの胃ガン。
開腹してそのまま縫合してしまったということです。
手の付けようがなかったとか・・・。

もって、来年の3月までという宣告を下され、父には病状を隠したまま転院という形で郷里の病院へ移しました。
そして、父はその年を越すことなく他界。

お葬式の後、その家の主の運命を暗示していたのだと、母は逆松竹梅の話を語ってくれました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!