死へいざなう階段

こんにちは。

今日は先輩・・・っていうか、課長から聞けたお話です。
課長がまだ僕と同じくらいの歳の頃に、あるテナントビルさんから補修依頼をもらいました。
そのビルは損保会社さんがビルオーナーのテナントビルで、12階建てです。
今でもありますが、ミラーガラスに黒いサッシの洒落た感じのビルです。

そのビルの8階に入居されていた、ある企業の支店長さんからの依頼だったそうです。
その依頼とは「非常階段の扉を封鎖して欲しい」でした。
課長は「無理です」と断ったそうです。

無理もありません、管理会社が非常階段を封鎖したなんて言ったら、消防からものすごく怒られます。
だってその階から避難出来ないですもんね。

でも、その支店長さんは「どうしても・・・ダメですか?」と食い下がるんだそうです。
課長が困っていると支店長さんは「じゃ、今夜来て下さい」と言ったそうです。

その夜課長がその支店長さんを尋ねると、支店長さんをはじめ男性社員ばかり5人も残って待っていたらしいです。
ただならぬ雰囲気に圧倒されながら課長が話を切り出すと、支店長さんは例の「非常階段に行きましょう」と言い課長を連れていきました・・・。
男性社員達もゾロゾロと後を着いて来て異様だったそうです。

そこで聞いた話はこうでした・・・。

「この階段にいると飛び降りたくなる」

皆さんがくちを揃えそういうんだそうです。

「今に死人が出そうだから怖いんです」と。

課長も下を見てみると、廻りのオフィスのキラキラの夜景に反して、真下は真っ暗で吸い込まれそうだったそうです。

「あのまま飛び降りても、無事っぽい感じがした」と課長は言ってました。

でも、扉封鎖は無理で柵を付ける・・・って事で納得してもらったそうです。
でも、その階だけなんだそうです。
”下見ると飛び降りたくなる衝動”に駆られるのって。

だから、今もビルはありますが、8階の非常階段にだけ高い柵が付いています。
みなさんも機会があったらビルを見上げてみて下さい。

中途半端に柵の付いたビルがあるかもしれません。
その階には「飛び降りたい衝動」が蠢いてるのかも知れません。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!