打ち殺されてもおかしくない

小学生のとき、通学路の土手、橋の下にちと狂ったおっさんがいた。
俺らはいつも石を投げたりして馬鹿にしていた。

ある日、友人の中でもかなり馬鹿っぽい奴が帰宅途中に長い棒をひろって、ドラクエの勇者気取りで、振り回しては悦に浸っていた。
そして、おっさんの住みかに近づき、そいつはなぜか棒を振り上げながらおっさんに突進していき、棒でばしばし殴った。

おっさんは「やめてください、やめてください」って敬語で俺らに嘆願していた。

友人は「やめて欲しかったら『かいだん』って漢字で書いてみろよ!」って言った。
ちょうどその日に学校で習った字だ。

おっさんは橋のコンクリの所に小石で、『階』のつくりと偏が逆になったような物を書いた。
『段』は書けなかった。

友人は、「ばーか、こうかくんだよ!」ってその横に『階段』って書いた。
気が済んだのか、それ以上何もしなかった。
おっさんはうずくまっている。

その日も、普通に遊んで帰った。

それからしばらくして、そのおっさんが銃刀法違反で捕まった。
ヤクザの方々から拳銃を預かっていたそうだ。

撃ち殺されなくてよかったよ・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!