その男の狙い

今日、電車での出来事。

目つきの悪い中年男が、おもむろに持っていた新聞(因みに産経)を開いたかと思うと、新聞の折込広告を座席に敷いて俺の隣に座ったんだ。
それから、新聞を読み始めたのだが、読んだページを何故か2つに破いて、座席のスペースに置いていくんだ。

次に、ジャージの懐から白い広告で丁寧に包まれた長方形(縦10cm×横40cm×幅1㎝くらい)の物体を取り出し、背もたれと男のケツの間に隙間に置いた。
重量もそれなりにありそうだ。

そして、男には更にもう一つの所持品があった。
半透明のビニール袋なんだが、これを床に置いていた。

俺は何と無しに透けて見える袋の中身を見た。
それは札束だった。
ゆうに1000万はあったと思う。

「おいおい無用心なやっちゃなー。ひったくられるで」とベタなことを思ってたのだが、何となくいやーな雰囲気を感じたので、係わり合いにならない様にすることに決めた。

男は突然立ち上がったかと思うと、俺の対面に移動した。
そして、俺の隣に座った時と同様に、順序良く広告を座席に敷き新聞紙を傍らに置いて座った。

気になるのはビニール袋だ。
それはまだ俺の隣に置いたままだった。

男は新聞を広げて読みふけっている。
ビニール袋の札束なんて忘れてしまったかのようだ。

俺は「こりゃ、停車中にダッシュして置き引きしたら余裕でパクれるな」と思ったが、根が小心者だし若くもあり、また捕まりたくもないので、なるべく札束のことを考えない様にして、俺の横にある窓から隣の車両の風景を眺める事に専念した。

俺は横目で男をチラチラ見ていたのだが、相変わらず男は新聞に夢中でこちらから顔は見えない。
だが、電車がトンネルに入り車内が暗くなった瞬間、突き刺すような視線を感じた。

男は窓ガラスを鏡代わりにして、新聞ではなく俺を睨んでいたのだ。
男と窓ガラスを透して目が合った。
俺はこんなにも殺意に満ちた目を見た事がない。
俺はすぐに窓から目をそらして男を直視した。

男は例の包装された長方形の物体を背中越しに掴んでいた。
男が手に力をいれた為か包みが変形し、それに「柄」があることが解った。

柄の部分の逆の端を見ると微妙に鋭角だった。

もしかして、これって出刃包丁ちゃうん!?

俺はパニくった。
まだ男の視線を感じていた。

・・・そのまま1分程経過し電車が駅に着いた。
俺の目的地ではなかったが、ダッシュで下車し改札口方向に足早に向かった。
とりあえずホッとして後ろを振り向くと、ちょうど奴が降りてくる所だった。

俺を捕まえて殺す気だ!(そん時は本当にそう思った)

一目散に再度ダッシュ、そのまま駅を出た。
男はそれ以上は追ってこなかった様だ。(でも今にして冷静に考えれば、俺を追ってたんじゃなく単に「鈍行」に乗り換える為に降りた可能性が大)

あの男は一体なんだったのだろう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!