死の直前におかしくなったじいさん

半年くらい前、ぶっ倒れて入院して緊急病棟に運び込まれて生死の境をさ迷いました。
で、無事意識を取り戻し、ひと月くらいで一般病棟に戻されて4人部屋に入った時の事。

俺以外はみんなじーさんだった。
で、うち一人は呼吸器つけて心電図ついてて意識もないじーさんだった。
24時間「シュコー・・・シュコー・・・」ってダースベイダーみたいな音立ててさ。
なんでこんなのが一般病棟にいんのかわかんないくらい怪しいじーさんだった。

俺が一般病棟に入って四日目の午前2時くらいかな?
その日、眠れなかったから携帯いじってたら突然「ヴァァァオアオァァ!」ってそのじーさんが叫びだした。
すげぇびびって、カーテンの裏から様子を伺ってたら「ねーちゃん!くるなー!こっちくるなぁ!俺まだ行きとうないぃぃぃ!!ねーちゃんこないでくれぇぇぇ!」とか叫び続けてんの。
すげぇ不気味で・・・。

ナースコールのボタン押して看護婦さん呼ぼうとしたけど反応がなくて。
歩いてナースステーションまで行こうとカーテン開けたらバリバリバリ!っとか音がして、呼吸器とか点滴とか引き抜いたじーさんが立ってんの。
「アヒヒヒヒヒ」って笑いながら。

なんかヤベェって思いながらナースステーション目指して歩いたんだけど、じーさん俺の後ろから追いかけてくるんだ。
「ヴァァァァ!」とか雄叫び挙げながら。

俺、ひと月くらい寝たきりだったから足がふらついてうまく走れなくて、なんとかナースステーションに着いたら看護婦さんはいなかった。
後ろのじーさんもいなかった。
叫び声で起きてきた他の入院患者さん達も廊下に出てきて。

なんか、じーさんが別の病室の中で足痙攣させながらぶっ倒れてたらしい。
そのじーさんはそのまま緊急病棟に連れてかれて。

そのじーさんがどうなかったかはわかりません。

俺にとっちゃあ死ぬほど怖かった話です。
死後の世界からのお迎えってヤツを信じたくなる事件でした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!