ストーカー警察

「無理心中」として報道された友●秀和巡査長。
しかし、実は被害者女性とその周辺に執拗なストーカー行為をしていた。

被害者は友野秀和とは何の交際関係でもなく。
友●は被害者のお店の他の女性にもストーカー行為をしており、被害者に至っては自宅の横にパトカーで待ち伏せされたり、空港で待ち伏せされたりしていた。

被害者は同僚や家族に「警官にストーカーされている」と訴えていたが、相手が警察であるため、手の打ちようが無かった。

友●はストーカー中に近隣の住人に注意をされると「警察です」と名乗り通報を防いでいた。

しかし、被害者は「15日付けでお店をやめたい」と漏らすほど、友●から執拗なストーキング行為に困惑していた。
友●の同僚である警察官もその事実を知っていたが、上司には報告せずそのままにしていた。

その結果友。は殺人を犯したが、警察発表では「無理心中」と恋人扱いされ、死後退職として退職金1200万が払われる事に至る。

ストーカーされて殺されて死後一方的に恋人扱いされた被害者が可哀想。
俺なら赤の他人に死後恋人扱いされたくない。

ちなみに友●は被害者の恋人の名前までも知っていたらしい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!