写真屋は変態中の変態だった

師匠から聞いた話だ。

大学2回生の秋の終わりだった。
僕は1人で小さなマンションの前に立っていた。
繁華街から少し離れたところにある、古くてみすぼらしいマンションだ。

ここには、『写真屋』と呼ばれる、天野という男が住んでいる。
師匠の悪友で、普通の町なかの写真屋ではプリントしてくれないような、危ない写真を割高な料金で手がける人物だった。

師匠は、ここを興信所の仕事でも使っていたし、プライベートでも使っていた。
プライベートのほうで料金を払っているのを見たことがない。
いつもなにかにつけて脅し、無理やりタダで仕事をさせていた。

天野のほうも弱みをもっているらしく、はじめは強気に出るが、結局言い負かされてしぶしぶ従っていた。

天野はいかにも不摂生、というぽっちゃりした体型で、横で見ていると、なにかそういうSMのプレイなんじゃないか、という気がしてくる。
天野のほうも、そんなぞんざいな扱いを受けているのに、師匠と会うときはいつも妙に嬉しそうなのだ。

師匠:「このブタッ」
天野:「ブヒィッ」

という奇跡のやりとりを目の当たりにしたことがあるので、僕がそう思ってもしかたあるまい。

エレベーターが故障中だったので階段を使って、3階まで上がった。
通路のなかほどにある、表札のない部屋が天野の城だ。
隣近所の住人は、ここにやってくる多くの、挙動不審で、うさんくさい客たちを、どう思っているのだろうか。

部屋のチャイムを鳴らし、ドンドンとドアをノックする。

天野:「はいはい。いるよ。そんなに叩かなくても。僕がいないことがあったかい」

ドアが少し開いて、チェーン越しに髪の毛がよじれて、額に張りついている、丸顔で眼鏡の男の顔が覗く。

天野:「なんだ君か。今日は1人か。またお遣いか」

僕はこれまでも何度か師匠の代理で、1人でやってきたことがあった。
そのたびに天野は、ガッカリしたような表情を見せるのだ。

僕:「現像を頼みたいネガがあるそうです。預かってきました。あ、これ差し入れです」

右手で持ったコンビニの袋を、チェーンの外で振ってみせる。
サンガリアのメロンソーダの缶だ。

天野:「な、なんだ、またこれかよ。ちょっと待て」

天野はため息をつきながら、チェーンを外した。
僕は右足をドアのなかに滑り込ませると、天野の右の太ももに、左手を突き出した。

バチバチバチッ、という鋭い音がして、天野は、「アイッ」と呻き、その場に崩れ落ちた。

天野:「アッツッツッ・・・・・・」

太ももを押さえて、大きな体を折りたたんでいる。
僕は自分の左手のなかの、黒い器具を見つめる。

スティック型のスタンガンだ。
ほとんど音と光が出るだけの、おもちゃに近いものもあるが、これは本物の護身用スタンガンだ。
ただ、それでもさほど強力なものではない。
事前に自分でも試してみたが、これほどの威力はなかったはずだ。
天野が想像以上に痛みに弱いのだろう。
ちょっとやりすぎてしまった、という罪悪感を押さえ込み、僕はしゃがみこんで口を開く。

僕:「天野さん、わかったと思いますが、スタンガンです。こうでもしないと口を割ってくれないことを、訊きにきました。起きられますか」

天野はううう、と呻きながら顔を上げた。

天野:「な、な、なんだ、なんだ、君は。ひ。どうしてこんな」

僕:「立ってください」

スティック型のスタンガンを目の前にちらつかせて、命令した。
天野はぷるぷると震えながら、ゆっくりと立ち上がった。

僕:「仕事部屋のほうへ」
天野:「わ、わかったから、それを下げてくれ」

2人で玄関から奥へ進む。
途中、現像用の暗室につかっている部屋の前を通り過ぎるとき、酸っぱいような薬品の匂いが鼻についた。

あいかわらず、この匂いには、どうも慣れない。

奥の部屋は、ところせましと物が散乱している。
パソコン机の前が、彼の仕事のスペースだ。
その辺に転がっているなにか重いものを使って、とっさに反撃をくらわないように、スタンガンを背中に押し付けて歩かせる。

天野:「お、押さないでくれ。抵抗しないったら」
僕:「座れ」

天野は愛用の椅子に腰を落とし、ふう、と大きく息を吐いた。

僕:「お遣いだというのは、ウソか。ひ。なんでこんなことを、ひ。するんだ」

天野がしゃべるたびに、ひゅっ、と空気が漏れる音がする。
部屋は厚手のカーテンが締め切られていて、昼間なのに、時計を見ないと時間の感覚がなくなるようだった。

僕:「師匠の・・・・・・。加奈子さんの写真を持っていますね」
天野:「は?なんだって?」

僕:「せんず○こいてる、っていう写真ですよ」

天野はギクリとした。
僕の用件がわかったようだ。

僕:「出せ」

スタンガンの先端を、目の高さで近づける。

天野:「ま、待ってくれ。ひ。あ、あれは、彼女がそう思い込んでるだけで・・・・・・」
僕:「出せ」

さらに近づける。
次にシラを切ったら、目の前で、スパーク音を聞かせてやるつもりだった。
あの音をもう一度聞けば、素直になるだろうと思っていた。
そのくらい、嫌な音なのだ。

だが、天野はその前に、あっさりと前言を撤回する。

天野:「わ、わかった。言う通りにする。やめてくれ」

ゴクリと、たるんだ喉を震わせて生唾を飲み込んだ。
そして、僕のほうをこわごわとチラ見しながら、机の引き出しから、鍵を取り出した。

天野:「ど、ど、どいてくれ。ひ。そこに金庫があるんだ」

僕の後ろの壁に、それらしいものがあった。
天野は洗濯物の詰まった籠をどかせて、その金庫の前にしゃがみこんだ。

天野:「いま開ける」

ダイヤルを合わせて、鍵を入れ、捻った。
ガチャリと音がする。

金庫の中から取り出したのは、大量のアルバムだった。
灰色の均一な表紙に、ナンバーだけが振ってある。
天野はそのなかから1冊を選び、そばにあった座卓に置いて、ページをめくりはじめる。

どのページにも、フィルムポケットに写真が数枚ずつ収められているが、どれも目を覆いたくなるような写真ばかりだった。

天野は死体マニアであることは知っていたが、これまでに見せられた写真よりも、強烈なものばかりだ。
どこでこんなものを手に入れるのだろう。
事故現場や設備のひどい病院で撮られたようなものもあったが、多くは戦場で撮られたものらしかった。

天野はパソコン通信というものを使って、海外の好事家と交流があるようなので、トレードを繰り返して増やしていったのか・・・。

気分が悪くなりかけたとき、ようやく天野の手が止まった。
太い指をポケットに滑り込ませ、ツイ、と写真を引き抜く。

天野:「こ、これだ」

天野は忘れ物をしたことを教師に告げるような顔で、見下ろしている僕を見る。

その写真を見たとき、体の血液が沸騰するような感じに襲われた。
思わず胸を抑える。

予想はしていた。
筋金入りの死体愛好家、ネクロフィリアが自慰行為に使っている写真なのだ。
スタンガンを握る手に力が入りすぎ、光とともにバチバチと一瞬、スパーク音が室内に響いた。

天野:「ひいっ」

天野がおびえて、頭を抱えてうずくまる。

僕:「これはお前がやったのか」

静かにそう訊ねた。
天野は「違う違う」と必死に首を頭を振る。

天野:「事故だったんだ。ひどい事故にあったんだ。ひ。ぼ、僕は偶然通りかかっただけなんだ」

バチバチバチッ。
激しい音とともに、埃が焼けるような嫌な匂いがした。
今度は、自分の意思でスイッチを押したのだ。
顔の先、50センチでそれを見た天野にも、それがわかっただろう。

僕:「事故でつくような傷じゃない」
天野:「僕は助けたんだ!つれて帰って、手当てをしたんだ。そしたら息を吹き返して、か、彼女は・・・・・・」

僕:「お前の、お友だちになったのか」
天野:「そうだ。ひ。それからのつきあいだ。僕らは。僕は命の恩人なんだ」

僕:「救急車を呼ばずに、部屋に連れ込んだんだな。死んだと思って」
天野:「ちょっと待ってくれ。ひ。僕はなにもしていない。ひ。ひ」

息が荒い。
目の前に突き出されたスタンガンを凝視して、ブルブルと震えている。
僕はしゃがみこんで、天野の目を見た。

僕:「だれがやった」

天野:「・・・・・・・・・・・・」

ゴクリ、という音が僕にも聞こえた。
天野は何度も唾を飲み込む仕草をしている。

僕:「知っているやつだな」
天野:「ほ、本当に偶然通りがかったんだ。そのときは、2人とも、僕は知らなかった」

僕:「死体を見られるかも知れないと思って、黙って見ていたのか」
天野:「いや、僕が来たのは、もう、そ、そうなっていたあとだよ・・・・・・」

語尾が小さくなって消えていく。
僕は写真を胸ポケットに入れた。

天野:「僕がしゃべったって、言わないでくれ。彼は、そのときはその、なにかに、とりつかれてる・・・・・・。ひ。みたいだった」

天野の言葉は、最後にバチバチバチ、という激しい音で途切れた。
僕はやり場のない感情を、自分にぶつけたのだ。
スタンガンの衝撃が太ももから全身に、一瞬で駆け抜ける。

僕:「ぐぅっ」

悲鳴をこらえて、頭を下げる。
ふうふう、という息を吐いてから、痛みを我慢して僕は立ち上がった。

天野:「いろいろ、すみませんでした。これで許してください」

天野は腰を抜かしたように、床にうしろ手をついて座り込み、唖然としている。

僕:「メロンソーダ、飲んでください。じゃあ、帰ります」

言葉も出ない天野を残し、僕は『写真屋』の仕事部屋をあとにした。
異臭のする暗室の前を通り、脱ぎ散らかした靴を拾う。

玄関から外に出ると、閉じたドアに、右手の拳の腹を叩きつける。
ガーン、という大きな音がした。
遠くで、犬が吼えはじめる。

僕:「それで、前科一犯って感じのやつかよ」

僕は憎悪を霧のように撒き散らしながら、歩き出した。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!