人の顔は美味い

知り合いの話。

彼の祖父はかつて猟師をしていたという。
遊びに行った折に、色々と興味深い話を聞かせてくれた。

「山に入ってると、色々と自給自足しなきゃならない時もある。でもな、何が食えて何が食えないかってのは、しっかと押さえとかなきゃいけねえ。」

「随分と奥の山なんだけどな、そこで採れる山芋はマナコイモって呼ばれてたそうだ。掘り出すと一見普通の山芋なんだが、所々ギョロリとした目玉が付いてるんだと。中にゃ気持ち悪いことに、まるで人の頭そっくりな形の芋もあったってことだ」

「これが実に美味いんだと。でも、絶対に食っちゃならねえ。一回でも腹に入れちまうとな、もうその後の人生、この芋以外の物は食えなくなるというんだ。他の何食っても、もう胃の腑が受け付けねぇって。」

「眼芋が生えてんのはその山だけだから、二度とそこから下りられんようになる訳で。運悪く食っちまって、そこに住み着く羽目になった木樵が伝えた・・・って話だ」

「でもまぁ実際、飢え死にするくらいなら食っちまうかなぁ」

死んじまうよりはなぁ、と祖父さんは悩ましい顔をした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!