その人工食料の素は・・・

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

石じじいの話です。

中国地方を石探しに歩いた時、ある老人に会ったそうです。

その人の家に招かれたのですが、その家屋は、当時としては珍しいコンクリート建築でした。

その人が言うには、土台から自分一人で建てたのだ、と。

外装は荒削りで綺麗ではなかったのですが、内部は非常に立派で清潔でした。
家の一部には、「実験室」があったそうです。

その実験室には、たくさんの実験器具や文献、おおきな金属容器(風呂桶のようなもの)が揃っていました。
また、金属の扉で次の部屋や納戸がさかいされていたと。

実験室には、ほんのわずかながら、なにか肉の匂いが漂っていました。
さらに、発電機も備わっていたそうです。

その男性は熱く語り始めました。

わたしは、「人工食料」を研究しているのだ。
これが完成すると、食糧難が解決されるのだ。
飢饉が来ても大丈夫なのだ。
あの、10年前の戦後の食料難での、多くの子供たちの餓死も起こりはしないのだ。

その研究は完成したのか?とじじいが尋ねると、その男性は、もう一息だ、と。

しかし、彼は、その人口食料をじじいに見せることはありませんでした。

原料は何か?と尋ねたところ、その人は、ある種のタンパク質だ、ということでした。

じじいは、原料がタンパク質で、それが人工食料になる、というのも無駄な話だと思いましたが、まあ、醤油のようなもんかいな?と思ったそうです。

話がはすんで遅くなったので、じじいはその家に一泊させてもらうことになりました。

夕食は、男性の奥さんのとても美味しい料理をいただいたそうです。
けんちん汁、フライ、当時としてはめずらしいハンバーグ。

翌日、礼を述べてじじいは石探しの旅を続けました。

出発して、すぐに、じじいは腹をくだしてしまい、その後の旅で往生したそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!