墓場で骨をしゃぶるヤツ

ある学校は墓地と隣接している。
その学校で警備会社に警備を依頼せず、先生の当直があった頃。
二人の男性教諭が当直に当たった。
2人は一通りの巡回を終えて当直室に戻り床についた。
夏の蒸し暑い時期、扇風機しかない部屋は相当寝苦しい、教師の一人がふと夜中に目を覚ました。
するともう一人の教師がいないではないか。

そして3階の窓から校庭を眺めると、その男性教諭が墓場の方へ向かって行った。
何事かと思い、急いで彼の後を追うことにした。
そして校庭に出たときには彼の姿は既に見えなくなっていた。

しかし、墓場の方から何やら物音がするので行ってみることに・・・。
すると寝床を抜け出した男性教諭が墓の前にしゃがみこんで何かにしゃぶりついている。
見ると骨壷に入った人骨にむしゃぶりついているではないか。

その光景にぞっとして一目散に当直室まで逃げ帰り、慌てて布団に潜り込んだ。
数分後、墓場で骨をしゃぶっていた男性教諭が戻って来た。
そして、自分の方をじーっと見ている気配がする。
ばれたらまずいと思い、必死に寝たふりをした。

すると男性教諭は近づいてきて、寝たふりをしている彼の布団に耳を当てた。
布団越しに心臓の音を聞き、起きているのか確かめている!!
寝たふりをしているが、心臓の音までは制御できない。

「どき、どき、どき・・・」

心臓が破裂しそうな程高鳴っている。

そして耳元で「・・・寝てるの?」そのまま意識が遠のいてしまった。
気がついたら朝になっており、男性教諭はいつもと通りに話し掛けて来た。
昨夜の出来事はまるで夢だったかのようである。
なんだ夢か・・・彼は安心した。
数ヶ月後、学校に隣接する墓場で骨壷が盗難にあったという報告が警察に届けられた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!