ひとごろし

その事故はどう考えても若者の過失だった。
彼の車が轢いた幼い男の子は死亡。
遺族は若い母だけだった。
若者は過失を認め、母親にできる限りの賠償を約束した。

だが、予想に反して母親はそれを辞退した。

「お金をもらってもあの子はもう帰ってきません。その代わり、あなたにして欲しいことがあります」

何でもできることなら、と若者が請け負った。

どんな難題かと思いきや、それは、月に一度、自分に葉書を送ってくれというだけのことだった。
しかも、母親はあらかじめ宛名の書いた葉書を束にしてよこした。

「裏には何も書かないでいいです。ちょっとでも何か書かなければいけないと思うと負担でしょう?」

若者は、快くその条件を飲んだ。
内心、そんな簡単なことで許されるのが嬉しかった。

葉書は、全部で5年分あった。
それが無くなればもう何もする必要はないという。
・・・2年後、離れた町で働き出した若者は、心からあの約束を後悔していた。

最初は、こんなことで済むのかと軽い気持ちだった。
だが、思い出すのだ。
葉書を投函する日が来るたびに、あの事故のことを。
今では、最初に金で解決してしまわなかったことが悔やまれる。

若者はだんだん、月に一度の葉書の投函が嫌になってきた。
母親からは何も言って来ない。
もう、止めてしまってもいいだろう。
いい加減、忘れたいのだ。

ある日、若者は残りの葉書を燃やそうとライターの火を近づけた。
すると、何も書いていない葉書の裏から、文字が浮き上がってきた。
あぶりだしのようだ。
若者が覗き込むと、文字はこう読めた。

「ひとごろし」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!