あいつが死ぬのはいつですか?

ある日の休み時間、「こっくりさん、こっくりさん・・・」誰からともなく、教室の片隅から声があがった。
今、流行ってる遊び、こっくりさんだ。
なぜかこっくりさんの周りには女子のの輪ができている。

「こっくりさん、こっくりさん・・・」僕は、この遊びが好きではなかった。
放課後、休み時間と同じように。
示し合わせたようにでもなく、また、こっくりさんが始まった。

「こっくりさん、こっくりさん・・・」

女子はそれぞれ何人かのグループに分かれて、同じようにこっくりさんをやっている。
僕は同じようにこっくりさんをしない数人と、校庭へ出て行った。

夕方、塾や習い事で、みんなは学校を出て行った。
帰るつもりだったけど、僕は忘れ物を取りに、教室に戻った。
そこでは、まだいくつかのグループが輪になってこっくりさんをやっていた。

僕の机も使われている。

「こっくりさん、こっくりさん・・・」
「ノート取るんだ。ちょっと、どいてよ」

中断されたせいか、女子達はむすっと僕をにらんだが、僕は黙ってノートを取ると、そのまま教室を出て行った。

去り際に、背後から声が聞こえた。

「こっくりさん、こっくりさん。あいつが死ぬのはいつですか?」

むっ!っときて僕がドア越しに振り向くと、「こっくりさん、こっくりさん・・・」

・・・そう呟きながら、教室中が同じ目で僕を見ていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!