あの家は呪われてる

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

23区内私鉄沿線住宅地での話なんだけど。

10年ぐらい前に爺さん地主が死んで、50代の息子夫婦が越してきた。
越してきて1年ぐらい経ってから、奥さんの姿が見えなくなり、一人残された旦那の奇行が始まった。

・一日中、隣近所に聞こえるような大音量でクラシック音楽(主にベートーベン)を鳴らし続ける。

・庭に裸のマネキン人形を運んできて並べる。
そして、金色に塗りたくってライトアップ。

・昼間は冬でも海パン一丁でベランダに出て、不思議な体操を何時間も踊り続ける。

・隣近所に対して罵声を浴びせまくり、洗濯物にホースで放水。

うちの家からこの地主の家は良く見える位置にあったんだが、しょっちゅう隣近所からの通報でパトカーが来ていた。

そんな日々が3、4年続いて、ある日。
迷惑行為がプツリと止んで、息子の姿が見えなくなった。

クラシック音楽だけは同じ曲(アルバム)がエンドレスで鳴り続けていたが、3日目に警官が乗り込んだところ、部屋の中で死んでた息子を発見、パトカーが3台ぐらい来て捜査。

うちにも警官が事情聴取しに来た。
その後、餓死なので”事件性なし”とされたと、町内会長から聞いた。

事件後3ヶ月ほどしてから、深夜に便利屋が家の中の物を何回かにわけて運び出す。
その後、リフォーム屋が来て、外装を一新。
直後に50代夫婦が引っ越してくる。

この夫婦は地主一族とは全く無関係で、不動産屋から紹介されてきただけ。(町内会長談)
とても穏やかなご夫婦で、近所にもきちんと挨拶をする常識的な人たちだったのだが、引っ越しから半年後、また元地主の家からクラシック音楽が聞えてくるようになる。

この頃には夫婦の表情がおかしくなっていた。
奥さんはボサボサの髪の毛でブツブツ言いながら歩き、旦那さんは会社を辞め、庭を上半身裸でウロウロ歩き回り続ける。
そして引っ越してきてから1年ぐらいで息子夫婦がやってきて、夫婦を無理矢理連れ出し、その後、空き家に。

近所で「あの家は呪われてる」と決定・・・。

それ以降ずっと空き家になったまま放置され続ける。
空き家なのに、クラシック音楽が家から聞える怪異が何度かあったとか。(お隣さん談)

一昨年、この空き家と近所一角をまとめて不動産会社が買い上げ、高級低層マンション建設計画が持ち上がる。
夏頃に一角は更地になったが、その後、リーマンショック。
建設計画白紙へ・・・。

1年ほど塩漬けにされてたが、不動産会社が代わり、建て売り住宅として工事再開。

しかし、その直後に問題の跡地工事中に相次いで事故発生。
大工さん2人が重傷・・・・・・工事一時中断・・・・・・。
中断中、マイクロバスに乗った15人ほどの謎の集団が訪れる。

巨大な護摩壇のようなものを設置し、数時間祈祷。(なぜか、町内会長も出席させられる)

その後、工事再開。
事故もなく無事に建て売り住宅完成、売り出し後は即完売。

以下、町内会長によるお話。
地主一族は御稲荷様を信仰していたのだが、爺さんが死んでから、きちんと継承していなかった、と。

その後、何も事件は起きていません。
ちなみに、町内会長とは、同じ町内に住むうちの爺さんです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!