開けたらダメだ

気が付いたのは一昨年の10月頃でした。
夜中(2時半位)になると、玄関のドアノブがガチャガチャ回される。
最初に遭遇した時は「風か?」とあまり気にしなかったのですが、トイレやリビングでテレビを見ていると、またカチャカチャと玄関のドアノブが回され、時間を見るとやはり2時半前後。
ドアを開けるのだけは嫌な予感がして開けなかったのですが、スコープから外を見ても誰もいません。

ある日、早寝の旦那に付き合ってもらって玄関を見ていると、やはり2時半にドアノブが回されました。
速攻でスコープを見た旦那ですが、やはり誰もいない。
ただ旦那も嫌な予感(何かが家に入ろうとしている?)がするから、開けて確かめるのは止めようと言いました。
私達夫婦が取った行動は『放置』でした。
スコープで見る限り誰もいないのだから、気にしない事にしたのです。

それから年が開け、相変わらずドアノブは回され続け、私はそれから2ヵ月後に体の具合を悪くしました。

近所の病院で診察と内診を受けると、医者の顔色が変わり、すぐに癌検査が行われ、2日後には癌が発覚しました。
すぐに大きな病院へと回され、検査と手術をして何とか一命を取り留めました。

1ヵ月半程入院し、久しぶりに自宅へ戻りました。
入院中は忘れていましたが、自宅の玄関を見るとドアノブを回す訪問者を思い出し、旦那に聞いてみました。
すると旦那も私の入院や手術ですっかり忘れていたらしく、その夜旦那一人で見張る事に。
翌日の旦那の報告によれば、3時まで起きていても誰もドアノブは回しに来なかったようです。

何となく、あれは死神だったんじゃないかな?と思います。
旦那は普段は怖がりな人でもないのですが、あの時は「開けたらダメだ」と思ったそうです。

怖い人や幽霊とかじゃなく、家に怖いモノが入ってくる、そんな感じでした。
あの時開けていたら多分、手遅れだったんだろうなと思います。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!