師匠は呪われて当然

これは俺の体験の中で最も恐ろしかった話だ。

大学1年の秋頃、俺のオカルト道の師匠はスランプに陥っていた。
やる気がないというか、勘が冴えないというか。

俺が「心霊スポットでも連れて行ってくださいよ~」と言っても上の空で、たまにポケットから1円玉を4枚ほど出したかとおもうと手の甲の上で振って、「駄目。ケが悪い」とかぶつぶつ言っては寝転がる始末だった。

それがある時、急に「手相を見せろ」と手を掴んできた。

師匠:「こりゃ悪い。悪すぎて僕にはわかんない。気になるよね?ね?」

勝手なことを言えるものだ。

師匠:「じゃ、行こう行こう」

無理やりだったが、師匠のやる気が出るのは嬉しかった。

どこに行くとは言ってくれなかったが、俺は師匠に付いて電車に乗った。
着いたのは隣の県の中核都市の駅だった。
駅を出て、駅前のアーケード街をずんずん歩いて行った。

商店街の一画に、『手相』という手書きの紙を台の上に乗せて座っているおじさんがいた。
師匠は親しげに話しかけ、「僕の親戚」だという。
宗芳と名乗った手相見師は、「あれを見に来たな」と言うと不機嫌そうな顔をしていた。
宗芳さんは地元では名の売れた人で、浅野八郎の系列ということだった。

俺はよくわからないままとりあえず手相を見てもらったが、女難の相が出てること以外は特に悪いことも言われなかった。

金星環という人差し指と中指の間から小指まで伸びる半円が、強く出ていると言われたのが嬉しかった。
芸術家の相だそうな。

「先輩は見てもらわないんですか?」と言うと、宗芳さんは師匠を睨んで「見んでもわかる。死相がでとる」。
師匠はへへへと笑うだけだった。

夜の店じまいまできっかり待たされて、宗芳さんの家に連れて行ってもらった。
大きな日本家屋だった。
手相見師は道楽らしかった。

晩御飯のご相伴にあずかり、泊まって行けと言うので俺は風呂を借りた。
風呂から出ると、師匠がやってきて「一緒に来い」と言う。
敷地の裏手にあった土蔵に向かうと、宗芳さんが待っていた。

師匠:「確かにお前には見る権利があるが、感心せんな」

師匠は「硬いことを言うなよ」と、土蔵の中へ入って行った。
土蔵の奥に下へ続く梯子のような階段があり、俺たちはそれを降りた。
今回の師匠の目的らしい。

俺はドキドキした。
師匠の目が輝いているからだ。
こういう時はヤバイものに必ず出会う。

思ったより長く、まるまる地下二階くらいまで降りた先には、畳敷きの地下室があった。
黄色いランプ灯が天井に掛かっている。
六畳ぐらいの広さに壁は土が剥き出しで、畳もすぐ下は土のようだった。
もともとは自家製の防空壕だったとあとで教わった。

部屋の隅に異様なものがあった。
それは巨大な壷だった。
俺の胸ほどの高さに抱えきれない横幅。
しかも見なれた磁器や陶器でなく、縄目がついた素焼きの壷だ。

俺:「これって、縄文土器じゃないんスか?」

宗芳さんが首を振った。

宗芳さん:「いや、弥生式だな。穀物を貯蔵するための器だ」

そんなものが何でここにあるんだ?と当然思った。
師匠は壷に近づくと、まじまじと眺めはじめた。

宗芳さん:「これはあれの祖父がな、戦時中のどさくさでくすねてきたものだ」

宗芳さんは俺でも知っている遺跡の名前をあげた。
その時、師匠が口を開いた。

師匠:「これが穀物を貯蔵してたって?」

笑ってるようだ。

黄色い灯りの下でさえ、壷は生気がないような暗い色をしていた。
宗芳さんが唸った。

宗芳さん:「あれの祖父はな、この壷は人骨を納めていたという」

宗芳さん:「見えると言うんだ。壷の口から覗くと、死者の顔が」

俺は震えた。
秋とはいえまだ初秋だ。肌寒さには遠いはずが、寒気に襲われた。

宗芳さん:「ときに壷から死者が這い上がって来るという。死者は部屋に満ち、土蔵に満ち、外から閂をかけると、町中に響く声で泣くのだという」

俺は頭を殴られたような衝撃を受けた。
くらくらする。
頭の中を蝿の群れが飛び回っているようだ。
鼻をつく饐えた匂いが漂い始めた。

まずい。
この壷はまずい。

霊体験はこれでもかなりしてきた。
その経験がいう。
師匠は壷の口を覗き込んでいた。

師匠:「来たよ。這いあがって来てる。這いあがれ。這いあがれ」

目が爛々と輝いている。
耳鳴りだ。
蝿の群れのような。
今までにないほどの凄まじい耳鳴りがしている。

バチンと音がして灯りが消えた。
消える瞬間に、青白い燐が壷から立つのが確かに見えた。

宗芳さん:「いかん、外に出るぞ」
宗芳さんが慌てて言った。

師匠:「見ろよ!こいつらは2千年経ってもまだこの中にいるんだよ!」
宗芳さんは喚く師匠を抱えた。

師匠:「こいつら人を食ってやがったんだ!これが僕らの原罪だ!」
俺は腰が抜けたようだった。

師匠:「ここに来い。僕の弟子なら見ろ。覗き込め。この闇を見ろ。此岸の闇は底無しだ。あの世なんて救いはないのさ。食人の、共食いの業だ!僕はこれを見るたびに確信する!人間はその本質から、生きる資格のないクソだと!」

俺はめったやたらに梯子を上り逃げた。
宗芳さんは師匠を引っ張り出し土蔵を締めると、「今日はもう寝て明日帰れ」と言った。

その夜、一晩中強い風が吹き俺は耳を塞いで眠った。
その事件のあと、師匠は元気とやる気を取り戻したが、俺は複雑な気持ちになった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!