そこは絶対に開けるつもりはない

知人から聞いた話。

彼の家の裏には、小さな祠がある。
なにを奉ったものなのか、家族の誰も知らない。
いつからあるのかもわからない。
ただ、毎日の世話の仕方だけが伝わっているのだという。

世話といっても簡単なもので、朝夕に掃除をし、握り飯と茶を供え、手を合わせる。
それだけのことだという。

てっきりなにかご利益があるのかと思ったが、彼曰くそういう話は伝わっていないらしい。
ただ、毎日欠かさず世話をしろとだけ、昔から言われているのだとか。

ずいぶん昔の話だが、知人は一度、世話を欠かしたことがあるという。
子供のころ、母に言われて世話にいったのだが、面倒なので掃除をせず、握り飯と茶を供えて手を合わせた。
それも形だけで、すぐに家に戻ろうとした。
すると、祠がごとごとと揺れた。

何事かと振り返ってみると、祠の中から女がこちらを睨み付けていた。
血走った目や、ぐしゃぐしゃに絡まりあった髪の毛が恐ろしかったという。
泣きながら家に逃げ帰ると、母にしこたま怒られた。

母:「ちゃんとお世話せんからよ」

結局、母と一緒に祠まで戻り、今度はきちんと掃除をして手を合わせた。祠は何事もなかったように静かだった。

私:「それって、結局なにが奉られてるんだ?」

私が聞くと、さあ、と彼は首をかしげた。

世話さえしてれば、なんの問題もない。
ならば、いちいち確かめる必要もないだろう、というのが彼の主張だった。

彼:「そもそも、記録なんて残ってないからね。中身を確かめようと思うなら、祠を開けてみるくらいしか方法がない」

私:「開けるつもりはないのか」
彼:「あまり気は進まないよ」

知人はそこで初めて、少し嫌そうな顔になった。

彼:「だって、開けたら出てくるかもしれないだろ?」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!