その事件には蛇が関係していた?

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

私の実家は神隠しにあったことがある。

実家がまるごと消えたのだ。

小学校二年生の夏休みだった。
ラジオ体操のあと、二度寝をして、起きたら昼だった。
家には誰もいなくて、おかしいな・・・と庭に出たら、母と兄が花壇の奥にいるのをみつけた。

兄:「へびが死んでる」

兄が言うので、見に行った。

死んでいたのはヤマカガシで、傷もなにもなく、綺麗な死骸だった。
兄が木の枝でつついて、動かないのを見せてくるまで、死んでいるかどうか判断がつかなかった。

三人でひとしきり死骸を眺め、さて昼御飯の用意でも、と立ち上がって振り返ったら、家がなかった。

土台から綺麗さっぱり、消えていた。
家のあった場所は更地になっていて、家の残骸どころか草ひとつ生えていなかった。

私も、兄も、母も、呆然としていた。

ちょうど、隣のおばちゃんが訪ねてきて、家がないのを見て、大騒ぎになった。

集落の人が集まってきて、あれこれ調べてくれたけど、よくわからない。
とにかく家が消えたとしかいいようがない。

父や姉たちが帰って来て、なにがあったと聞かれたけど、説明しようがなかった。
兄は、蛇の死骸をつついたせいで「祟られたのかも・・・」と泣いていた。
私は”家が家出したんだ”と思っていた。

その日は公民館に泊めてもらうことになった。
旅行みたいでちょっと楽しかったのを覚えている。
お風呂やご飯は、ありがたいことに近所の人が助けてくれて、困らなかった。

翌朝、ラジオ体操に行くため、私たち朝早くに起きた。
ラジオ体操をする場所は高台のお寺で、そこまでは長い坂をのぼっていく。

その途中、家の方をみたら、家があった。
慌てて公民館に戻って、親を起こした。

私:「家が帰ってきた」
親:「うそ」
私:「ほんと」

パジャマ姿のままの両親と、家まで走っていった。

昨日消えたはずの実家は、あるべき場所にちゃんと建っていた。
騒ぎを聞き付けた隣のおばちゃんが起きてきて、あとは昨日と同じように、大騒ぎになった。

結局、家が消えた原因も、戻ってきた理由も、よくわからない。
家のなかは消える前も後も変わらなかった。
家財がなくなったとか、間取りが変わったなんてこともない。
一晩消えた以外、おかしなところらなにもなかった。

実家は今も残っていて、両親が住んでいる。
あれ以来、消えたことは一度もない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!