無くなった刀の話

私の伯母さんの話。

私の叔母さんはお寺の跡取りさんと結婚して、離島に一軒しかないお寺に住んでいた。
今は旦那さんに先立たれて、子供もいなかったので、最近私たちの家の近くに引っ越してきた。

お寺といえば、よく怖い話とかじゃ心霊写真だの、曰く付きの物を預かったりとかいうから、伯母さんのところはどうだったの?と聞いた。

伯母:「そりゃ、預かったことあるわよ」

私:「怖くないの?」

伯母:「慣れるよ」と

私:「でもどんどんたまってくでしょ?」

伯母:「おたきあげするから」

なるほど~って感じだった。

そんな伯母さんが一度だけ怖いと感じたことがあった。
それは一本の日本刀を預かった時だったそうな。

その刀は抜くと不幸なことがあるという刀で、持ち主は捨てるに捨てれないし、預かってほしいと言ってきたそうだ。

その頃は結婚してお寺に住んでいたが、亡くなった伯父さんではなく、伯父さんのお父さんが住職だった時で、その方が預かったんだそう。
住職さんが預かったあと、どんな刀だろうと面白がって、止めたけど抜いてしまったそうだ。
そうしたら、そのあとすぐ喀血(かっけつ)して亡くなった。

で、こっからが私が一番怖いと思ったことだけど、「そのあと刀どうしたの?」って聞いたら、「なんか知らないけど無くなった」と。

確かにそうなってもおかしくない。
田舎のお寺で、地域の人が無断でどんどん入ってくるんだよ。
しかも、お寺と自宅がつながってるから、家にまで入ってきちゃう。

私は仕事で行けなかったけど、学生だった妹がお葬式とか整理を手伝いに行ったとき、ドア開けたら廊下に知らない人が立ってて、マジでびっくりしたって。
そんなんだから、よく物がなくなるんだよ。

うちの母は「まあ結局必要なところに行くのよ」とか訳の分からんことを言ってたけど、必要なところってどこよ・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!