蛇に祟られたんじゃないか?

私が介護職をしていた時に、利用者の女性Aさん(80代)から聞いた話です
Aさんは認知症はなく、身体機能も正常で、日常生活や畑仕事などもこなしていた方です

Aさんが戦時中の出来事です。
近所に住む男性が、草刈りをしていた時に、誤って鎌で蛇を斬ってしまったそうです
その後、男性は3人の娘をもうけたのですが、娘達は3人共、生まれつきの身体障害者だったようで、成長しても赤ちゃんのように、畳の上を移動しており、まるで蛇みたいだったそうです
なので、蛇に祟られたんじゃないか、と噂されたそうです。

そして、その男性に召集令状(赤紙)が来ました。

男性は、庭で火をおこして鍋をかけてなにかを煮ていたそうです。
鍋の中身は、沢山の玉子でした。
娘達の好物なので、出征するまえにお腹いっぱい食べさせようと、沢山茹でていたとの事でした。

ゆで玉子は夕食に娘達が食べたそうです。

次の日の朝、男性の家に警察官が来て、男性を連れて行ったそうです。
家の中には、首を絞めて殺された娘達の遺体と、妻がいたそうです。

男性は取り調べで、「足腰の不自由な娘を3人も残して戦争に行けば、娘達の世話で妻が苦労をするが、自分は戦争に行かないわけにはいかない。妻が苦労しなくて済むためには、娘達を殺してしまうしかなかった」と語ったそうです

男性は逮捕されました
残された妻がどうなったかは、話がショックすぎて聞きそびれました。

以上です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!