日本人だけで起こる現象

夏の風物詩の一つ、風鈴。
風鈴は冷暖房機器が無い時代の気休めでしかない。
そう思っている人も多いだろうが、本当に体温が下がり涼しくなる。
ただしこれは、風鈴を知っている日本人だけで起こる現象。

20代~60代の人を対象に行った実験。

室温27度に設定した部屋に入ってもらい、体感温度を聞く。
24度~26度という回答が多かった。

しばらくして風鈴の音を鳴らし、10分ほど経過してから、「先ほど部屋の温度を下げました。何度くらいに感じますか?」と質問。
21度~23度という回答が多かった。

サーモグラフィで体表面の温度の変化を見てみると、風鈴の音を聞き始めた途端に体温が下がっていた。
しかし実は、部屋の温度は27度のままで変えていなかった。

人の脳は、思い込みによる錯覚に弱い。
風鈴は風があるときに鳴るものと知っている日本人の脳は、「風が吹いている」=「涼しくなった」と錯覚し、本当に涼しくなったときと同じように体温まで下げてしまう。

風鈴を知らない外国人は、涼しくなったと錯覚しないため体温が下がることはない。
日本人であっても、風鈴になじみの少ない若い世代も同様に涼しくなったと感じたり、体温が下がることはない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!